2012年6月24日 (日)

馬力大会に行ってきました

遠野市で恒例の東北馬力大会がありました。
荷を積んだソリを引いて、障害の丘を越えて走る挽馬レースです。
出場馬は県内からのほかに青森県や宮城、山形県などからでした。
知人も行くということで2時間ほどだけでしたが、10年ぶりくらいの観戦でした。

Bariki_10edi

第37回の大会ということだったが、この挽馬大会は平成に入って間もなくのころ一時中断していた。
そのころ自分は遠野に赴任していたが、挽馬大会は遠野ならではの催しと思い、関係者に働きかけて復活させた思い出のものだ。
遠野はもともと馬との関わりは深く、挽馬大会のファンも多いので、毎年継続され盛会裏に開催されているようだ。

Bariki_7edi

挽馬のレースでは馬を鞭で叩くので、「かわいそう」とか「鞭で叩くような競技は嫌いだ」という声も少なくはないようだ。
しかし、馬への鞭は、相撲取りやスポーツ選手が手のひらで顔をたたいて気合を入れるのと同じようなものなのだ。
だから、普段は愛情を注いで飼育しているお母ちゃんも、レースになると笠を振り回しながら馬を追いかけて愛の鞭を打ってしまうのだ。

Bariki_2edi

挽馬レースは観覧席では十分楽しめない。
関係者からは迷惑かもしれないが、出番を待つ馬が繋がれている馬運車の辺りとか、出走地点とか障害の丘辺りに移動しながら見るのは格別だ。
その辺りには望遠レンズを備えたニコンのカメラを二台くらい首につるした人種たちも多数いる。
互いに「よく会いますね」とか「やっぱり今回も来ましたか」などと挨拶していた。
良く周りを見てみると、その辺りでコンパクト・デジカメを下げているのは自分だけのようだった。

Bariki_8edi

レースはランクごとに行われるが、四流馬から始まり、それからジュニア部門とも言える二才馬、三才馬、四才馬と続き、その後に三流馬、二流馬、最後はもちろん一流馬のレースとなり、一流馬のソリの積載量は260貫、975キログラムなそうだ。
自分は前半の3レースしか見ていない。
それでも画像のとおりの重量馬ばっかりだ。
下の画像は二才馬がゴールしたところだ。
飼い主のゴールしたことの安堵とか(制限時間内にゴールできない馬もいる)、馬へのねぎらいや将来への期待が感じられるようだ。

Bariki_13edi
次の画像は、たぶん三流馬レースの出番を待って準備運動というか、緊張感を高めるための引き馬の最中のようだ。
こんな様子も観覧席からでは見ることができない。
大変お邪魔しました。


Bariki_14edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

浮田神楽の初舞いでした

行政区は隣になりますが、当地コミュニティの中心地浮田地区に伝わる神楽の初舞いがあった。招待を受けたので、じっくり鑑賞してきた。

011kaguraedi
昨日は、太平洋側特有の春雪で荒れたが、一転、今日は晴天に恵まれた。
足元は不良のままだが、見物客も初舞に気持ちを向けるだろう。
017kaguraedi
神楽の舞いは、式舞の部の鶏舞に始まり、翁の舞に移った。
浮田神楽は、96年ほど前に早池峰の岳神楽から伝授を受け、允許されて今に伝わるものだ。
本家の早池峰神楽は、500年以上の伝統をもつもののようだが、修験山伏の祈祷の舞いが起源らしい。
当地方の神楽は、山伏によって舞われ、伝承されてきたことから山伏神楽と呼ばれるもののようだ。
021kaguraedi2
舞は、次に三番叟舞となった。
テンポの速い舞なので通常若者が舞う。今日の舞手は20歳の若手後継者だ。

020kaguraedi

本来、最初に6曲構成で舞われるものを式舞と呼ばれるようだが、今日の披露は4曲で、上の画像の山の神舞までだった。


025kaguraedi_2
式舞の後は、プログラムでは座舞と仕切られていたが、最初の曲目は鐘巻(かねまき)というものだった。
どの舞にも物語があるが、座舞になると一層物語性は強くなって、演ずる時間は長くなります。

027kaguraedi2

この(上の)画像は鐘巻の後半の部分で、蛇身に変わり果てた娘と山伏の場面です。
神楽は男だけで演じられるので、女舞も演じなければならない。
また、この曲目のように、最初はしとやかに女舞を演じながら、後半は蛇身ということで激しい舞に変わることもあるのだ。

029kaguraedi
次は三韓(さんかん)というもので、最初は一人舞だったが、物語が進むほどに登場人物が増え、この日の曲目で最高の5人による舞となった。
なお、早池峰神楽についての詳しい解説は、
花巻の観光情報の中の早池峰神楽のページを参考にされたい。

038kaguraedi
今日の初舞も最後の演目となった。
神楽の最後は必ず権現舞だ。あらゆる災いを退散、調伏させ、人々の安泰を祈祷する舞なそうだ。

043kaguraedi

権現様は神の化身なそうだが、権現舞には胎内くぐりがある。
胎内くぐりに参加し、また、権現様に頭を噛んでいただいた人は、これからの1年は安泰だ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

クレマチス・ウイーク

及川フラグリーンのクレマチス・ウイークに今年も行って来ました。
1キロほどしか離れていない近所であるし、クレマチスファンを自称しホームページにはクレマチスのページを載せている身としては、去年同様に初日に行かざるを得ない。
Oikawa006
初日は混雑するほどではなかったが、やはり熱心な愛好者と見受けられる人々で賑わっていた。
良い天気が続きそうだし、休日となると昨年にも増して混雑することだろう。
日曜日には園内でのイベントもあるそうだ。
展示の様子は昨年と同様だったが、販売物は種類と量が増えた気がした。

私は買い物は四季咲きのものを1本くらいにしようと思って出かけた。
結局、ジャックマニー系のニオベを買った。
この品種は以前から気になっていたものだが、自分のコレクションに無かったからだ。

クレマチス以外にもガーデン用の宿根草の苗も幾らか販売されていた。
そっちのほうも気になって、ペンステモンの「バルバタス」と「ハスカーズレッド」を1株ずつ買った。
我が家の混雑している庭に新顔がまた増えた。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

アート&クラフト フリーマーケット<土澤>を見てきました(その2)

知人の方々の出品も幾つかありました。
焙茶工房しゃおしゃんでひと時お茶を楽しみました。
Artcraft1009_038

以前の職場の同僚の芸術家が、こんな作品も手がけているなんてはじめて知りました。
野生動物などをモチーフにして陶面を製作しているそうです。
Artcraft1009_026
本当にいろいろ面白いことを考えて制作活動している人がいるものです。
次は解説は必要ないですね。
Artcraft1009_042

次は壁に飾る額ですが、裏にCDを入れるように工夫されていて、お気に入りのアーチストのCDを飾れるようになっていました。
額の枠も寄せ木になっていたりします。
Artcraft1009_032

アートとクラフトの区別は無意味でしょうが、次はまさしくアートだと思った作品でした。
デザインと表現の世界なそうです。深いです。
店名がButtefry Gardenということでしたので、若い女性二人組みと店主が会話中のところに、「蝶もこの街並みが好きですかね」と話を差し込んだところ、店主はハハハと笑っていましたが、二人組みは、このおっさんは何を言っているのという顔をしていました。
Artcraft1009_030

クラフトは女性の方々が楽しめるものもいろいろありましたが、子供たちも結構楽しんでいるようでした。

Artcraft1009_012
紹介しきれないので、この辺りで打ち止めにします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

アート&クラフト フリーマーケット<土澤>を見てきました

今年の土沢の街かど美術館はアート&クラフト フリーマーケットでした。

Artcraft1009_001
画像にはギャラリーがそんなには多く写っていませんが、今日の土沢の通りに立つ人の数は普段の何百倍もありました。
まあ、普段の人通りが少ないこともありますが。
それにしても大した人気の催しになりました

Artcraft1009_005_3

作者つまり出展者の年代は広範囲のようでしたが、60歳代の方も比較的に目立っていたと思われました。
しかしまあ、感心するほどいろいろな物を製作して楽しんでいる人がいるものです

Artcraft1009_004_3

多様な作品が出展されていましたが、紹介はどうしても自分が関心があるものになります。
下の画像はいろんな種類の松ぼっくりを使ってふくろうを作り、古木に飾ったものです。

Artcraft1009_011_2

どうしても木工とか植物の飾りのようなことに目がいきます。
次の作品も真似して作ってみたいと思う作品です。

Artcraft1009_019
今回はとりあえずここまでです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

敬老会に参加してきました

自分の地区自治会と隣の自治会の敬老会に参加してきました。
と言っても、来賓としてですよ。
敬老会に招待を受けるのは75歳からですので。自分はもうしばらく時間があります。(直ぐやってくるよ、の声も聞こえそう)

確実にお年寄りの数は多くなっています。
我が地区は64世帯の中に対象者が59人ですし、隣の地区は130世帯の中に対象者が107人になります。
それとともに主催する側、お世話する側は弱体になってきています。

Keiroukai01 定番ですが、参加者は記念品を戴き、それなりのご馳走を食べ、アトラクションを楽しみました。
世話係は持ち回りで担当になりますが、会の全てを準備し、アトラクションもこなさなければなりません。
それでも世話役の皆さんはがんばってくれていました。

一人での舞踊があったりKeiroukai12_2

昔話のご披露では、アンコールがあったりKeiroukai06_2

招待されたお年寄りといえども元気ですし、芸達者の方もいるので、その方々の踊りやカラオケもありました。
あいにく画像は撮っていなかったのですが。

ところで、敬老会に限らず、このような催しがお年寄りの楽しみになっていることは間違いないでしょう。
しかし、毎年、型どおりに繰り返されている敬老会ですが、やり方、あり方を考えてみる時期にあるのではないかと思うのは自分だけでしょうか。

Keiroukai14 アトラクションのフィナーレは、世話役女性陣が皆で仮装しての踊りでした。
あれっ!曲目は何だったかな。
このころは戴き過ぎていたせいか、良く覚えていませーん。
画像もぶれているかしら?

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

田舎の主張と道路標識

「自分たちが住んでいる地区に地区名を表示しているものがない」
「遠くの知人が訪ねて来たとき、『町の中心地まで来たが、この先の行き方が解らない』って、よく言われる』
今、我がコミュニティ会議で話題になっている問題のひとつです。

特定の町とか地区を案内してくれるものの代表は道路標識だと思います。
しかし、それも案内してくれるのは都市や町の中心地とか有名な観光地がほとんどです。
途中の小さな地区とか田舎を訪ねる人は少数ですが、その少数の人々には不案内な現実があります。

Hyoshiki029_3   
上の画像は「おもしろ標識」とも言えるかもしれません。
真っ直ぐ行っても左折しても東和(土沢)に行けることは解りますが、何か釈然としない気がします。
どちらを行けば近いのかなとか。
途中はどこを通って行くのかなとか。

この標識の辺りから行き先までの約15キロほどの間に住んでいる我々としては、真っ直ぐの方向では「浮田、毒沢を経由」とか、左折の方向では「中内を経由」などと記してくれると満足度が上がります。

Hyoshiki041_2
この標識は地域内の別の場所のものですが、やはりシンプルに路線の終点を示してくれるるだけです。
主要路線は左方向の284号線なので、事実と表示内容との違和感も多少は感じるところもありますが。
この標識にも経由地が記されると、地方人の我々は嬉しい気がします。
加えて言うなら、「ここは○○(地区名)」という表示もあるなら、満足度はもっともっと上がります。

地方に住む田舎の人間も主張があります。
自分たちが住む地区をアッピールしたいと思っています。
そのことに道路標識を利用しようというのは他力本願のところもあるかもしれませんが、まずは、地区内の道を通過する人たちに、自分たちの地区名を知ってもらうことも大事な第一歩と思っています。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

ギャラリー花館(はなやかた=大槌町)を訪ねました

以前、地元新聞で紹介されていたが、、大槌町で山野草の鉢を製作している人が居ることを知っていたので、訪ねてみることにした。

大槌の駅に降り、町の人が「花館というのは多分あそこだ」と教えてくれたところは、表の看板は「喫茶花屋敷」とありました。
町の人が「多分・・」と言うとおり、微妙なズレがあるものの当たらずとも遠からずと思って中に入ると、そこは喫茶花屋敷であり「ギャラリー花館」でもありました。Hanayakata054

ギャラリーには、野草鉢や生けた山野草、ほかに絵などが飾られてありました。
同時に、河童の焼き物もいろいろと並べられてありました。

店主の小川さんにお話をいろいろと伺って知りましたが、小川さんは少年のころに溺れて死にそうになったときに河童の大神が現れて、以来、その諭しに沿った生き方をしているということでした。
その挙句、小川さんは河童研究家で、陶芸家で写真家で画家で建築のデザインもするという、総合芸術家とでも言うような方でした。Hanayakata035

小川さんの焼き物は、地元の土を8年ほど寝かせて熟成して使うこと、たたら製鉄の時代に行われた野焼きの手法で、木炭を使って焼き上げるというものでした。
その効果のひとつとして、釉薬は使っていないということでしたが、独特な色彩や照りなども現れているものでした。Hanayakata037

野草鉢に関してですが、小川さんのの説明によると、鉢は織田・豊臣の時代からの陶芸の一分野だということです。
そのような中で、現代の陶芸家は概して鉢については軽視していることに異を唱えていましたが、そのことについては私も同感です。Hanayakata050_2

店の外の敷地内もギャラリーでした。
ほとんど手をかけていないという事でしたが、木や野草が具合良く生えていて、いろいろな陶器などが配置されていました。
やはりここでも目立っているのは焼き物の河童たちでした。Hanayakata044

いろいろ説明を聞いているうちに、私には小川さんが河童の化身のようにも思えてきたのですが、このような感覚は多分失礼なことではない、とも思っています。Hanayakata045

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年6月 4日 (金)

及川フラグリーンのクレマチス直売所に行ってきました

クレマチス専門ナーセリーの及川フラグリーンは、我が家から1キロメートルほどのところにあります。
通常は卸販売が専らのようですが、今回6月4日から13日までの10日間限定の直売会ということです。
いつでも訊ねていけば買うことはできますが、せっかくのイベントですのでクレマチスファンとしては行かないわけにはいきません。
田んぼの畦畔の草刈を切り上げ、軽トラックで麦藁帽子をかぶったまま出かけた。Clematis17

10時の開始から1時間も経っていなかったが、20台余りの車は駐車場を埋めて道路にまではみ出していた。
直売所は南部赤松の林の中だった。林の中に小道が築かれて、小道に沿ってクレマチスが植えられていた。
それらのクレマチスは植えられてから日が浅く、まだ見栄えはしないが、やがては素晴らしいクレマチス園になるだろう。
その小道の所々に販売用の苗が説明ラベルを付けて並べられていた。
パンフレットの説明では販売品種は300種以上ということだった。Clematis05

販売用の苗は主に花の色別に品種が並べられてあった。
つまり、最初のコーナーは青色系の花が咲く品種が、次のコーナーは黄色系の品種という具合である。
四季咲きの品種とか木立ちする品種とか冬咲き品種とかが並べられたコーナーなどもあった。
及川フラグリーンのオリジナル品種は、砂子とか晴山、早池峰などと主に付近の地名がつけられているようだ。Clematis07

我が家の庭の植物は既に飽和状態になっているので、余りは買うまいと思ってはいたが、3種類の苗を買ってしまった。
自分はハンショウヅルとかミヤマハンショウヅルのようなベル咲きとか垂れて咲く小輪のものが概して好きなので、購入したものも全てその類のものである。
因みにそれらは、インテグリフォリアの篭口、長い名前のディバーシフォリア ジャン・フォプマ、珍しいコンナータ系のレディリアーナです。Clematis18

及川フラグリーンでは敷地内での造園にも取り組んでいるようでした。
松林はクレマチスの回廊にしていくようですし、母屋の周りはロックガーデンにしていました。
表の道路に面したロックガーデンは早くから手がけられていましたが、北側で松林につながる斜面にも築かれていることに今回気がつきました。
数年もすると敷地全体が見事な庭園になっていくだろうなと、思ったしだいです。Clematis12

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

自然観察会に行ってきました

早池峰山麓では数知れない植物や野鳥が盛んに活動していました。
東和野鳥の会の自然観察会に参加してきました。
二十数名の参加者でした。

東和町から6台の車で向かい、岳集落を越して河原坊で下車しました。
そこは標高1,050メートルですので、駐車場脇ではいきなりエンレイソウやツバメオモト、オサバグサ(画像)、タケシマラン(画像)などが歓迎してくれました。
さすが固有種も多く高山植物の宝庫といわれる早池峰の山麓です。Osabagusa2_2
Yamakusa_033

ここ河原坊から小田越まで距離約2キロを往復しながら、道路側の植物や飛び交う野鳥を観察することが今回の予定でした。
標高差は約200メートルですので、結構な登り道ですが舗装されていて車も通行します。
今日の早池峰山はどんな顔をしているだろうと仰いで見ると、上は幾分ガスがあるようでした。
手前の斜面にはダケカンバが多く見られ、葉が開き始めたばかりで独特な枝振りが目立っていました。
Hayatine3

参加者はずいぶんと多彩な顔ぶれのようでした。
鳴き声だけで野鳥の種類を聞き分けられる人、山草にやたらと詳しい人、季節折々の樹木の表情変化を観察している人、早池峰に何千回と登っている人などなどです。
他にも宮沢賢治との関連で薀蓄を傾けている人も居ましたっけ。
それもぜんぜん場違いではありません、途中には賢治の碑もありました。
今回、観察した野鳥は18種だったとか。
ただ姿を見たのは10種ばかりで、他は声だけだったそうです。(私には鳴き声だけで解るのはウグイスぐらいですが)
植物は数限りなく見られましたが、注目して観察して名前を確認したのは二十数種でした。
Hayatine13_2

樹木が萌える時の山の姿は美しいですが、接近して発見する若芽の美しさも多く見られます。
ハウチワカエデ(画像)、ヒトツバカエデなどは筆頭でしょうか。
Hautiwakaede9

折り返し点の小田越に着いたころ、空は雲が多くなって気温も下がっていました。
山を仰ぐと、そこも雲が漂っていました。
Hayatine2_2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)