« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日 (月)

アセアン農業研修生巡回

農水省のプログラムでアセアンから来ている農業研修生を巡回してきた。
岩手県には今年もタイ国から奥州市に2名来ている。男1名と女1名だ。
4月下旬からの研修開始なので、2カ月経過でケアの必要な時期でもある。
まだ研修生は日本語が十分ではないので、毎年お願いしている通訳(女性)を同行だ。

0627_junkai_06

研修は順調そうで良かった。研修生は二人とも明るくしっかり者で研修にまじめに臨んでいた。選抜されてきた研修生だけある。
同行した大使館の農務官も満足の様子だったし、受け入れ農家の熱心な対応に感謝していた。

0627_junkai_10_2

0627_junkai_15_4




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

紫陽花の季節

我が家でもアジサイが咲き始めました。
我が家では日陰に植えてあるので、開花は遅い方かもしれません。

0626_ajisai_02

手前のものはガクアジサイの仲間のようだ。
奥の方のホンアジサイの開花はこれからだ。


0626_ajisai_10


開花が遅い方と思っていたが、有名な一関の紫陽花園の公開は6月24日からということなので、我が家のそれの開花時期はまあ普通かな。

0626_ajisai_05

この小ぶりなガクアジサイの方が早く開いたので、一般にガクアジサイの方がホンアジサイより開花が早いのかな。
葉っぱの方にだが、ヒョウモンチョウが停まってくれた。

アジサイの花色には赤いものもあるようだが、紫陽花は青色でないとつまらないと、私は思っている。

0626_ajisai_04

白いアジサイもいいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

梁川のホップ

遠野に用事があって出かけた。さほど遠くもないが高速道路を使った。
遠野、釜石方面に高速道路で行く場合、インターチェンジは隣町になる。進行方向にあるからだ。

0622_hop_04

峠を越えて隣町に入って間もなくあまり見かけない畑の光景に出合った。
今日出かける先の遠野ではよく見かける光景だが、そうだここ梁川にも有ったんだっけ。
遠野のホップは大手Kビールとの契約栽培だが、ここも同じで仲間みたいなものだ。

0622_hop_08


ホップの林の中から機械音が聞こえた。
見通しの効くところまで入ると高架車両に乗って作業している人がいた。
ツル下げの作業だった。ツルが高く伸びるホップ栽培ならではの作業だ。
今日は大分蒸し暑いのでビールの晩酌にしようかな。

0622_hpo_06_2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

中内の指定樹木と浮田の松崎阿弥陀堂

野鳥の会の今月の自然観察会は、いつもとは趣向を変えて「中内の指定樹木(古木)と浮田の松崎阿弥陀堂(史跡)」の見物だった。
案内役は地元の会員ということで私が担当した。

中内地区の市指定天然記念木は二つある。オンコの木と姥杉だ。
オンコは当地の呼び方で、一般的にはイチイのことだが、樹齢は300年近くと推測されていた。民家の屋敷の中にあるところが有意義らしい。

061918edi

姥杉は当地区の神社の境内にあった。樹齢は550年以上と推定されている。歴史を感じさせる大きさと風格だったが、さほど朽ちたところの無いのが見事だった。
姥杉爺杉として紹介されることもあるようで、それらしいものは3本見られたが爺杉は特定されていないようだ。
どれにしても爺さんは婆さんより大分年下のようだ。

061920edi_2

周辺は山野草が数多く、ざっと見てもショウジョウバカマ、イカリソウ、ヤマホトトギス、フタリシズカ、オカトラノオ、マムシグサ、ミズバショウなどなど。
神社から少し下ったところには池があり、そこでは丁度スイレンが数多く見事に咲いていた。

061904edi

次は浮田地区に移動して松崎の阿弥陀堂を訪ねた。
お堂には仏の掛け軸などが飾られていたが、参りの仏という浄土信仰で、古くから周辺地方の人々が毎月16日のお縁日にはお祈りしてきたところなそうだ。

061905edi

収蔵庫の掛け軸は県指定有形文化財とのこと。
また、近くの小高い所は周りを堀で囲んだようなところで、宝塔があってお墓でもあったところのようだが、その宝塔は大分古い形のようで市の指定文化財になっていた。

061909edi

梅雨の合間の晴れ模様の午前中、これまでかなり長い時間を経てきた樹木と史跡にのんびりと触れることができました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

2年に一度の同級会

高齢者年代になると、いわゆる多感な青春時代を一緒に過ごした旧友が懐かしくなるらしい。
そして「毎年のように同級会をしたい」というほどの旧友も一部には居る。
自分は昔の学友が確かに懐かしくはあるが、「毎年のように同級会をしたい」というほどでもないのだが。

そんなこともあって?、「2年に1度実施しよう」という、自分が関係する同級会が2組ある。
それは中学校と大学だが、うまい具合に実施年はかち合わない。今年の昨日と今日は大学のそれだった。

614_bokou

地元開催の番であったので、駅に集合の後に母校を訪ねた。
実際に訪ねるところは何十年も前の面影を残す歴史的建造物の教育資料館しかない。
内部には120年余の資料が展示されていて、初めて目にするものも多かった。
自分が特に興味を持ったものは、開学前にその場所を巡っての上田地区と鉈屋町からの陳情書、それからやはり大分年季のいった野鳥のはく製だった。
学校は実施には上田地区に立地されたわけだが、鉈屋町も自分と関係が深い地区なので驚いた。

はく製は種類ごとの大きさが実感して理解できるのだが、カワセミとヤマセミの大きさの違いが本当によく実感できた。
観察会で見られるのはそれぞれが別個にだし、双眼鏡の倍率を通じてなので、ここまでの実際の違いの実感はないのだ。
宮沢賢治はこれらのはく製は見ているだろうか。

その後は小岩井農場見物を経由して山の温泉で盛り上がり、翌日の今日は一人の同級生が住む町の体験工房で手打ちそばを楽しみました。そば打ちは私の提案ではありませんでしたがー。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

草刈り共同活動、それからガーデン & マーケット in 東和

地区内の用水路周りの草刈りをした。
多面的支払い制度に沿った組織の共同活動だ。
この時期は、自分の農地周りはもとより、他にも個別農家から委託を受ける草刈り倶楽部の活動とか、城跡保存会の草刈り活動などなど、草刈り作業三昧だ。

612_kusakari

草刈り活動の後は、ガーデン & マーケット in 東和 という催しを急ぎ足で見て回った。
会場は東和温泉そばのビオガーデンで、今風のガーデン・ファンと思しき人々で賑わっていた。

612_garden_3


612_garden_4


612_garden_5


612_garden_6


612_garden_8

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

グラウンドゴルフ大会

一日の最高気温は30度近くなるのに、最低気温は15度にならないので、相変わらず温度格差は15度くらいと大きい。

そんな昼夜の温度格差の大きいことからは、ニュージーランドの気候を思い出す。
ニュージーランドの夏には、昼に半袖やノースリーブで過ごした人も、夜にはがっつりカーディガンを着こんだりする。
その国にも日本と同じような四季があるが、この国の人は「一日の中にも四季があるんだよ」と自慢する。

今日もそういう一日で昼にはとにかく暑かった。
そんな上天気のもとで地区のグランドゴルフ大会をが実施された。

611_ggolf2

参加者31名の平均年齢は、たぶん60代後半。
そして今日の優勝者と準優勝者は70代半ばの女性でした。
こういう姿は、我が地区の平和な実態です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

続・今我が家で咲いているクレマチス

それはハンショウヅルです。半鐘のような花を付けるものです。
日本在来のものですが、これもクレマチスの仲間です。
画像は、キョラの木のヘッジに這わせたものですが、あちこちで植木に絡まって生息しています。
ご覧のように控えめで目立たない様子は、管理者同様です。

610_hanshou_3

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

午後は古文書教室

今日は久しぶりに愚図ついた天気だったので、午前中は家の中で整理を先送りしていた諸々の書類や資料などを処理して過ごした。

午後は月に1回の古文書教室。
地元の歴史を知って誇りを持とうと実施している。
なぜか今年の教室は新人が増え、今のところ予想外に賑わっている。
世話役としては、参加者の変化に対応した工夫が欲しいかなと思案している。

教材はいつも2種類の文書を使っているが、今年の一つは「心ニ有之侭書置」というもので、萬鉄五郎の先祖が書き留めた明治期のもの。
書き方が個性的で解読に難儀しています。

Photo_3


もう一つは、やはり地元の地方文書の「大圖日記」だが、日記だけに長いものなので昨年からの引き続きだ。
今は天保七年の記述で、今回は当地発の百姓一揆の様子が記されている部分になった。

Photo_4


A5img0262edi_7


A5img027edi_2


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

相変わらず周りの花

アルコールで脳がマヒしているけれど、また今日も我が家の花のことにを載せようかな。
田んぼや畑周りの1番草の刈り取りがやっと片付いたので、その分晩酌も多くなってしまった。
今年は春が早かったせいか、いわゆる雑草の1番草は随分伸びていて、刈り取るのが大変だったなあ。

今、母屋の裏側では、勝手に生えているユキノシタが小さな白い花を付けている。
そのユキノシタを使った寄せ植えの鉢も作ってみている。
白色の花は大きさの違う花弁が5枚で、それはダイモンジソウにそっくりだ。
そっかア、二つは同属だったか。
短い3枚の花弁の模様が可愛いですね。

607_yukinosita1


607_yukinosita2

クレマチスたちは別の品種が咲きだしている。
我が家では1番先のカザグルマ系の「道成寺」や「ミス東京」から咲き始まったが、今では四季咲きの品種に移り変わっている。

一つは茎が直立するタイプのものでドランディというものだ。
外便所の壁際で咲き始めた。

607_durandii1


607_durandii2


次は、結構有名なプリンセス・ダイアナ。
車庫脇のトレリスで咲きだした。

607_pdiana

もう一つは別のトレリスで咲いている深紅のものだが、名前は忘れました。

607_crimson

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

畑に咲くクレマチス2種

ギボウシとクレマチスが自分のこだわりの植物なので、それらは庭に植えているばかりではなくて、畑の隅にあったりする。
我が家の畑(菜園)は家から2~300メートルほど離れて坂を登ったところにある。
そこに赤と白のクレマチスの花が咲いている。

まず、深紅の花はアラーナという名のクレマチスだ。
ジャックマニー系なので生育は旺盛だ。
丈夫だと思って粗末にしていたら、一時は消滅しかけた。それでも復活してくれて、2、3か所で咲いている。

Allanah6041

白い花はマダム・ル・クルトルという名のクレマチスだ。
これもジャックマニー系で花は大柄なので、いかにもヨーロッパのマダムを思わせるようだ。
このクレマチスは2か所のキャラの木に絡ませている。

Lecoultre6041


ここはご覧のように畑ではあるが、薪を積む小屋があって、運搬車や薪割り機などの作業機もあって、薪を調製する場所にもなっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い色のクレマチス3種

クレマチスといえば、花色はやはり赤と青かな。
いま、我が家では3種の青色のクレマチスが咲いている。
どれも古くからの品種だと思う。

一つは H.F. ヤングというものです。
我が家で一番の古株です。
ウメモドキの木の枝に絡ませています。

Hfyoung6041


Hfyoung6042

次は弥一という名のものです。青い色が濃く、艶もあります。
ムラサキヤシオの枝にからませていますが、その上のサワラの枝にまで伸びています。

Yaichi6042


Yaichi6043

三つ目は天塩という八重咲きの品種です。
咲きだしはもっとも早かったので、大分色が褪せてきています。

Teshio604

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山野草クッキング2016

地域のある団体の主催で開催されました。
まほろば東和の自然にどっぷり触れさせようという、例年実施されている催しです。
私は団体のメンバーではないのですが、助っ人で参加しました。
今回のクッキングの目玉メニューにピザがあり、私が管理しているピザ窯のある場所が会場であったためでもあります。

Menu605

上の画像がメニューですが、ピザは和風米粉ピザということで、生地には米粉が使われており、味噌味ベースのものでした。
ピザ担当の私は2時間前から窯に薪をくべて準備し、皆が揃ったところで忙しく焼き作業をしたので、その様子は撮らないでしまいました。

焼きあがったピザは、前菜といえば聞こえは良いですが、他の料理が出来上がるまでのつまみ食いに提供されました。
味噌ベースの山野草ピザの味は、なかなか結構でした。

Tenpura605

天婦羅を揚げています。
御覧のようにダンプトラックの荷台での野外クッキングでした。
皿の上の褐色のものは柿の木の葉です。他はメニューどおり。

Nukataki605


ご飯は糠焚き釜を使いました。
難しい水加減もばっちりで上手に炊上りました。

Taberu605


料理が揃ったところで会食でした。
野外での会食は非日常ですので、それだけでも気分が高まるイベントです。
「糠炊きのご飯はふっくらして美味しい」と評判が良かったのですが、ピザを食べた後でしたので売れ行きはいまいちでした。
おにぎりにしてお土産になったかな。
私としてはお椀の中身の「だまこ汁」が一番でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »