« 2015年12月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

ユリノキが咲きました

南の方からはユリノキが咲いているというニュースは既にありましたが、我が家でも咲きました。
当地でユリノキは平年では6月になって咲くので、今年はいくらか早いようです。

Yurinoki5312

ご覧のようにユリノキの花は緑の葉の中で黄緑色で、しかも樹上の高い位置に咲くので余程注意しないと気付きません。
しかも、緑色した蕾のころは全く気付かず、そのため「そろそろかな」と予期することはなく、ある日突然「咲いている!」と気付くのです。
今回は、「蕾はどんなだろう?」と注意して眺めたところ、花と蕾が適当に混じって存在していました。

Yurinoki5313


蕾から花までの色を詳しく見ると、何段階かに変化するようです。
緑色の蕾は開花間近になると灰色がかってきます。
花の方も灰色がかった黄緑色からやがて黄色に変化し基部の橙色が濃くなるようです。

Yurinoki53111


花には昆虫が飛んでくるのが普通ですが、さすがユリノキの大きい花には特大の蜂が訪問していました。
丈だけは昆虫と花弁は同じくらいに見えました。

Yurinoki53113

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

フクロナデシコなどなど

好天が続く中で春の勢いというのだろうか、周りの生き物の勢いが盛んだが、我が家の庭も同様だ。
もとより我が家の庭はナチュラルもどきガーデンを良しとしていることもあって、いろいろな草花が生育を競い合っている。

ただいま目立っている花は幾つかあるが、フクロナデシコもその一つだ。
今の時期にフクロナデシコは盛んに花を付けるが、暑さに弱いようで夏には衰弱しているが、秋にも多少の花を付ける。

Hukuronadesiko529

ちなみに中央のギボウシはオーガストムーンという名だ。
日差しに耐える特性があるということでこの場所だ。

画像の左の青い花はミヤコワスレだ。
この花の名前の由来は何やら佐渡と関係があるとか。

ところで、ギボウシ・オーガストムーンの20日前はこんなだった。

Augustmoon507

そして30日前はこんなだった。どうでもよいことかもしれないけど。

Augustmoon502


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月26日 (木)

わら細工教室でした

4月から月一で開催している講座の2回目でした。
伝統の技を伝えたいという、講師の思いも受けて実施しています。

6

前回は草鞋(わらじ)を、今回は草履(ぞうり)を習いました。
ゆくゆくは主人の座とも言える豪華な円座を作りたいとか、猫ハウスを作りたいとかの受講者からの希望もありました。

草鞋とか草履は使う場面もないしなあ、と思っていたところ、三度傘ものなどの踊りに必要だから作ってくれという幾人かからの要望が、すでに私のもとにも入っています。

3

わら細工の基本は縄ないです。縄綯いができなければわら細工のほとんどは始まらないようです。
縄綯いといえば右綯いと左綯いがあるが、普通の用途の縄は右綯いだが、めでたいこと晴れの催し用は左綯いにすると、講師は説明していました。
ところで今日の草履は、編みこむ部分の縄は右綯いでしたが、鼻緒の部分は左綯いでした。
そのような習慣になっているとのことです。

1


私の成果品です。まず先月の草鞋。

7


草履の鼻緒の前緒の付け方は来月に習うことなので、草履は未完成です。
草鞋も草履も第1号製品は、編み方を覚えることに精一杯で、形を奇麗に整えることは二の次でした。左右の大きさも揃っていないか。

9


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

たぶん二人静見つけた

城跡である館山の登り道沿いに植樹の作業をしたが、見慣れない地味な白い花を付けた野草を見つけた。
フタリシズカかなと思ったが自信がなかった。
大分昔に見たフタリシズカの花の色は草色だったと思い込んでいたからだが、図鑑によると小さい白い花を点々と付けるということで、フタリシズカに間違いないだろう。

Hutari525edi


またまた物好きの草花の寄せ植え鉢だが、西洋オダマキが咲きだした。
我が家の庭には青い花色のミヤマオダマキと西洋オダマキがあるが、交雑しやすいのでミヤマオダマキだけは交雑しないよう注意している。

Odamakisuge525

西洋オダマキ以外の植物はスゲだが、左はコダヌキランで右は何だっけ。
植えたんだか?入り込んだんだか?

得意の蛇足ですけど、タニウツギはもう咲いていました。

Taniutugi525

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

ビッグダディーいただきました

ビッグダディーはギボウシ園芸品種の名前です。
私同様ギボウシ好きの義姉が、ビッグダディーを呉れるから来いと言うので、頂いてきた。
義姉は趣味の植物を増殖させると、誰かに呉れたくなる人だ。
植物で込み合っている我が家の庭だが、なんとか植えた。

Bigdady524

ただで頂くのもいかがと思い、私は自分のコレクションから次の2種のイワギボウシを持ち込んだ。どちらも栃木系(那須系)の斑入りのものだ。

Kicho518edi

Simotukenosato518edi


別に、我が家の園芸種フランシス・ウイリアムスも欲しいとのことだった。
義姉も専門園芸店から買ってその品種のものを持っているが、その特徴が本来のものではないとのこと。
多分それは種苗店でのメリクロン苗作成の過程で変異が起きて、特徴が変異してきたせいだろう。

私のものはかなり前に導入したものだけに、本来の特徴が表れているようだ。

日頃何かとお世話になっていることもあり、フランシス・ウイリアムスを株分けして鉢に入れて養生することにした。

Franceswilli524


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

卯の花

いまどき里の藪や林には白い花も目立つ。
先日まではウラズミザクラだったが、今はウツギ(卯の花)かな。

Utsugi522


卯の花といえば、去年の古文書教室の教材の「おくのほそ道}を思い出す。

  卯の花をかざしに関の晴着かな

  卯の花に兼房みゆる白毛かな

どちらも芭蕉に同行した曽良の歌だ。
曽良は卯の花がお気に入りだったのだろうか。

ウツギといえば、我が家で咲いているのはツクバネウツギだ。

Tukubaneutugi515

鮮やかなピンクの花をつけるタニウツギは、咲く準備をしている状況だ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キジムシロですか?

もの好きで管理している草花の鉢のうちで、一つに黄色の花が咲きだした。

Yoseue518

この黄色の花の野草は、家の周辺から採取したものだったと思うが、キジムシロだろうか。
それとも、なんとかキンバイとでも言うのだろうか。

それから白い花のスミレはアリアケスミレだろうか。
これはいつの間にか入り込んだものだが、花の色模様と細長い葉の形からしてアリアケスミレかなと思われるが、どんなものだろう。

右はじの緑の単子葉のものは、野草園芸店から買い求めたもので野州花石菖だ。
これはどんな花が咲くんだっけ?
ボケてきたようで、記憶から飛んでいる。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

イワギボウシも今が鮮やか

イワギボウシは新緑が展開してきた。
フレッシュなので色が鮮やかだ。

007edi_2
008edi
009edi
010edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庭のギボウシ

庭の植物は成長の勢いが盛んだ。

Giboshi521edi


今の時期、大概のギボウシは葉が鮮やかで斑もしっかりしている。

これらも3~4週間前はこんなだった。

 

上の画像に右端の リメンバー ミー は

Rememberme426edi

上の画像の真ん中の エルニノ は

Elnino430edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

紫色のキリの木の花

木々の萌黄の色は緑が増してきた。
そんな緑の中に紫色もも目立つ。
それは殆どがフジの花だと思っていたが、キリの花もあることに気付いた。
(画像はクリックすると拡大します)
Kiri07 
 
紫色にはキリの花も混じっていることを知ると、それが意外と多いことにも気づいた。
そうだ、キリの木の花は岩手県の花だった。
それから岩手大学の校章にも使われていたっけ。
Kiri06 
 
キリの葉はまだ茂っていないが、キリの花の右後ろの緑は、クルミの葉と垂れ下がっているのはクルミの花だ。
雄花のほうかな。
このクルミは、つい3~4週間前は次のようだった。
Kurumi4272edi
 
Kurumi427edi
 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年6月 »