« 毒沢城跡から秀峰岩手山と早池峰山を眺める | トップページ | 自然観察会でヒメギフチョウの産卵を確認 »

2015年1月18日 (日)

野鳥観察会でカモ類調査

今日の日曜日は真冬日だった。
風もあって、久しぶりの真冬日はかなり堪えた。
そんな日なのに午前中は猿ケ石川沿いで過ごした。
今回の自然(野鳥)観察会は、カモ類調査だ。

東和町内の猿ケ石川に架かる6か所の橋付近が観測定点だが、自分らは下流の方を観測した。
見られたカモ類は、カルガモ、マガモ、キンクロハジロ、カワアイサなどだが、下見情報の通り種類も羽数も多くはなかった。
そんな川面の上方では、カラスと、それより一回り小さいハイタカと思われる鳥が追いかけっこしていた。
カラスとトビの追いかけっこは良く見るが、カラスは他の猛禽類にも攻撃をかけるようだ。 
ハイタカ

ついでだが、悪天候のせいか、川原の野鳥も賑やかではなかったが、それでも目を凝らすと、サクラの枝にはツグミやウソが、カラマツの木立の中にはエナガなどが見られた。
心がけが悪くて、この時にカメラは車の中だったので、画像は無い。

担当した観測場所は、概して流れの速い場所のせいで、カモ類からは避けられる場所と思われた。
なので、消化不良の気分を補うため、カモが集まっていそうな淀みのあるところに移動してみた。

019edi

そこにはやはり大勢が集まっていた。
多数派はやはりカルガモとマガモだ。
(上の画像はカルガモの群れ)
少数派はカワアイサやキンクロハジロだが、あまり見かけないオオバンもいた。

009edi

オオバンとキンクロハジロは、岸辺に近い深みにいた。

(上の画像はオオバン(右)とキンクロハジロのつがい)

004edi
020edi

そしてしきりに潜って採食中だ。 
(上の画像は白い額と嘴が特徴のオオバン、そして潜った様子)
餌は水草のようだ。

キンクロハジロのつがいも仲良く潜りっこしていた。 (下の画像)

007edi

観察を終えて帰ろうとした時、群れの1羽が「ギャーギャー」と騒いだ。
すると群れは一斉に羽ばたきながら移動して集まった。
そしてその上方で、白っぽい鳥の飛翔が見えた。
どうやらそれは、先ほど少し下流で見かけたハイタカのようだった。

別のグループの報告では、上流の方ではオオタカとハヤブサを観察したそうだ。
どうやらカモ類が集まるところには、猛禽類も集まるもののようだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 毒沢城跡から秀峰岩手山と早池峰山を眺める | トップページ | 自然観察会でヒメギフチョウの産卵を確認 »

コメント

1/18 自然観察会の記事でアイガモとなっていますが、カルガモでは?   とうわ野鳥の会  斎藤秋雄

投稿: rosehouset@ybb.ne.jp | 2015年2月24日 (火) 17時43分

またやってしまいました。
カルガモのことを、またアイガモと書いてしまいました。
カルガモは普段からよく見かけるカモですが、アイガモも比較的話題に出るカモのせいか、カルガモを意識していても、無意識にアイガモと書いたり口から出たりしてしまいます。
失礼しました。

投稿: jangotaro | 2015年2月26日 (木) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/58624473

この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥観察会でカモ類調査:

« 毒沢城跡から秀峰岩手山と早池峰山を眺める | トップページ | 自然観察会でヒメギフチョウの産卵を確認 »