« 2014年11月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月

2015年1月18日 (日)

野鳥観察会でカモ類調査

今日の日曜日は真冬日だった。
風もあって、久しぶりの真冬日はかなり堪えた。
そんな日なのに午前中は猿ケ石川沿いで過ごした。
今回の自然(野鳥)観察会は、カモ類調査だ。

東和町内の猿ケ石川に架かる6か所の橋付近が観測定点だが、自分らは下流の方を観測した。
見られたカモ類は、カルガモ、マガモ、キンクロハジロ、カワアイサなどだが、下見情報の通り種類も羽数も多くはなかった。
そんな川面の上方では、カラスと、それより一回り小さいハイタカと思われる鳥が追いかけっこしていた。
カラスとトビの追いかけっこは良く見るが、カラスは他の猛禽類にも攻撃をかけるようだ。 
ハイタカ

ついでだが、悪天候のせいか、川原の野鳥も賑やかではなかったが、それでも目を凝らすと、サクラの枝にはツグミやウソが、カラマツの木立の中にはエナガなどが見られた。
心がけが悪くて、この時にカメラは車の中だったので、画像は無い。

担当した観測場所は、概して流れの速い場所のせいで、カモ類からは避けられる場所と思われた。
なので、消化不良の気分を補うため、カモが集まっていそうな淀みのあるところに移動してみた。

019edi

そこにはやはり大勢が集まっていた。
多数派はやはりカルガモとマガモだ。
(上の画像はカルガモの群れ)
少数派はカワアイサやキンクロハジロだが、あまり見かけないオオバンもいた。

009edi

オオバンとキンクロハジロは、岸辺に近い深みにいた。

(上の画像はオオバン(右)とキンクロハジロのつがい)

004edi
020edi

そしてしきりに潜って採食中だ。 
(上の画像は白い額と嘴が特徴のオオバン、そして潜った様子)
餌は水草のようだ。

キンクロハジロのつがいも仲良く潜りっこしていた。 (下の画像)

007edi

観察を終えて帰ろうとした時、群れの1羽が「ギャーギャー」と騒いだ。
すると群れは一斉に羽ばたきながら移動して集まった。
そしてその上方で、白っぽい鳥の飛翔が見えた。
どうやらそれは、先ほど少し下流で見かけたハイタカのようだった。

別のグループの報告では、上流の方ではオオタカとハヤブサを観察したそうだ。
どうやらカモ類が集まるところには、猛禽類も集まるもののようだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

毒沢城跡から秀峰岩手山と早池峰山を眺める

天気は日変わりだが、今日も朝から晴天だった。
特別な予定もない日なので、薪材採取にいつもの裏山に入った。
もう充分に薪材は切り倒し、運搬サイズへの玉切りも進んだので、山での作業は今日が最終日だ。

作業の進捗よし!天気よし!ということで、山の頂の城跡に登ってみた。

017edi

てっぺんの本丸跡に到着すると、岩手山への眺望が待ち構えていた。
北上平野越しの眺望になるので、麓から山頂まで眺められる。
ここから岩手山までは、直線距離で約60キロくらいだろうが、ほぼ1年前につなぎ温泉のホテルから見た眺望と大差ない気もする。

晴天下の今日の岩手山
そんなこともないかな?

035edi

東の方に目を向けると、やはり雪をかぶった早池峰山と薬師岳(左)が見えた。
こちらは距離は岩手山より近いが、上の方だけが手前の山の峰越しに見える。
平穏だなあ!
背伸びと深呼吸をした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

冬の山里暮らし

正月も半ばを迎えたが、これまでの天気はまあまあ良い方かな。
冬なので毎日寒く晴れの日は多くないが、大荒れもないのでまあまあ良い方なのだろう。
今日は朝から陽の射す晴天だったので、薪材を採りに裏山に入った。

001edi

一月に入ってこのところ、活動予定等が無く、荒天でもないときは山に入っている。
今日のように晴天の日の山での作業は、最高に快適だ。
しかし伐採する木は太く大きいものが多いので、作業の安全には最大限に気を配る。
それでも1シーズンに1、2度はヒヤリ・ハットがある。
特にかかり木の処理には危険が潜んでいる。
ずり落ちる方向に想定しきれないことがあるのだ。

山は静かだ。
それでも注意を払うと、雪面は動物の足跡でにぎやかだ。
足跡は動物の種類によって特徴がある。
ウサギのそれは、特にも直ぐ判るものだ。
そして、山で見るそれは気が休まるが、プルーンなどの畑で見ると気が滅入るものでもある。

009edi

次はシカの足跡だ。
最近ではホンシュウジカも見かけるようになったが、足跡はカモシカだろう。
両足がほぼ並んでいるが、小ぶりなシカが左方向にかけていったものだろう。

007edi_2

今度は3種類の足跡の交差を見つけた。
ウサギとシカのそれをキジの足跡が交差していた。
ウサギとシカが上方に通過し、キジは左の方向に通過したもののようだ。
ここは動物の繁華街か?

011edi

最近、最も多く見かける足跡はタヌキのものだ。
山中に限らず、畑でも家の周りでも見かける。
珍しくもないので写真を撮らないでしまった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年4月 »