« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

西和賀町の白糸の滝辺りで自然観察

今日は東和野鳥の会月例の自然観察の日。
今回は西和賀町の白糸の滝に出かけた。
正確にいえば、女神山のふもとの幾つかの滝巡りでした。
ここも東和町も同じ和賀郡(かっての行政区域)だが、東と西に離れているので片道60キロ余りと離れている。
ここを訪ねるのは2010年以来だ。
女神山は幾つもの滝とブナの森でした

Edi002

これ以上は無いだろうと思われる上々の天気の中、参加者は22人。
黄葉も今が盛りでした。

Edi005

最初に出会うのが幾つかの滝の代表ともいえる「白糸の滝」
初夏だった前回に比べると水量は少なく、白糸の本数も少なめに感じた。

Edi012

すぐ隣には「姥滝」があった。
どうして姥滝と呼ばれるのかは知らない。
後で見た爺滝は、これより大人しいものだったが、この違いは実に現実的だと思った。

Edi016

この2つの滝を見るためには登山道から急な道を下るが、前回に比べると随分と道は整備されていて、すごく急峻なところには鎖があったり、沢を超えるところには鉄製の一本橋が渡されていた。

Edi019siraito

「白糸の滝」も上を行く登山道から眺めるとこんな風だ。

Edi020tochu

滝巡りの道の周辺は黄色などの葉で飾られていた。

Edi021

この滝は「岩清水」と言ったかな?
帰り道の途中、ここで黄葉を見ながらの昼食でした。

Edi025furutaki

今回最終の観察地、「降る滝」に到着です。
そして最大の滝でした。

Edi029furutaki

近くに寄るとしぶきを浴びます。
マイナスイオンたっぷりでしょうか。
降る滝とは、いかにもズバリの命名です。
滝つぼ周辺では虹も見ることができました。

野鳥はさっぱり見かけなかったが、贅沢な秋の一日でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

今度はキウイフルーツを収穫

秋も大分深まってきた。
霜が降る前に、と思ってキウイ・フルーツを収穫した。

収穫といっても、その数は38個だけだった。
一昨年植えた若木からの初収穫だ。
2本の雌木(他に雄木も)を植えたが、1本は成長が途中でトラブッたので、収穫したのは1本だ。

Kiwi004edi

キウイ・フルーツはニュージーランドで作出されたのでこの名前だが、原種が中国のものなのでチャイニーズ・グーズベリーと言うんだよと、昔習った。
グーズベリーはスグリのはずだが、キウイ・フルーツはサルナシとかマタタビの仲間だ。

Kiwi011edi

収穫したキウイ・フルーツは果肉が黄色のもののはずだ。
まだ食べていないので確認はできていない。
美味しく食べるために、まずは10個ほどをリンゴと一緒にビニール袋に入れて追熟しようと思う。

Kiwi014edi

ネットでキウイフルーツを見ていたら、ニージーランドではキウイ・フルーツを皮ごと食べるという。
初耳だ。
些細なことに気にしない性分なので、皮の毛も気にならないのだろうか。
果肉には酸味があるが、皮は甘みがあるそうだ。
サルナシのジャムは皮ごと使うことで美味しかったので、キウイ・フルーツも皮ごと食べて美味しいということは分かる気がする。

Kaki006edi

近くにある隣家の畑の柿の木は、葉がしおれてきて、実は橙色を濃くしていた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)</

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

我が家の黄葉

季節は着実に秋を感じさせてくれている。
我が家の暖炉の薪ストーブは、朝と晩だけだが既に稼働モードだ。
周りの風景は黄色や赤色が目立ってきている。

Edi002

居間から窓越しに見えるギボウシのサガエは黄色になって来ている。
春の萌える緑色もいいが、いまどきの枯れ色も沁みてくる。
季節感というものだろうか。

Edi006

黄色い葉っぱの木はユリの木だ。
黄葉が大分進んでいることもあるが、今年の気候のせいだろうか例年より色が濃い気がする。
週間天気予報によると、明朝か明々後日の朝には降霜がありそうだ。
そうしたら、ガサッ、ゴソッと音を立てながら、ユリの木の大きめの葉っぱが一斉に落ちてくることだろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

アート&クラフト土澤マーケット

午前中のカボチャの展示を終えて、午後はアート&クラフト土澤マーケットの見物に出かけた。
いつも通りなので、展示や店の売り物にさほど興味はないが、一つだけ手に入れたいものがあった。

Edi012

普段は人通りの少ない町の通りも今日は賑わっている。
そして通りの人々は普段とは人種も違う気がする。
出店している店の様子も上の画像の通りで、市日には定番ともいえる伝統的な品物の店には客が少なく、何やらチャラチャラした物を並べている店は賑わっていた。
今日はイベントなのだ。

 

Edi011

良く見られる親子連れの風景。
女子供たちは店の品に夢中のようだが、お父さんは後ろの方から眺めている。

 

Edi013


古着やというか、リメイク作品店を覗いている様子だ。
客はその方に関心が高い人だということが、直ぐうかがい知られる。

 

Edi015

この催しはお祭りでもある。
占い屋さんも店を出していた。
ここの建物の中でコーヒータイムとして、しばらく眺めていたが占い屋さんの客は切れることが無かった。

 

Edi021

自分の欲しかったものも手に入った。
又三郎工房のバードコールというものだ。
どうしてこれが欲しかったのかは内緒ですが。
これは両手で上の鳥の姿の部分と下の台座の部分を持って、ひねると鳥の鳴き声が発生する。
鳥はマツの木で、台座はアオハダの木で出来ている。
ちなみに、この鳥はキウイをイメージしているようだ。

 

Edi017_2

ところで今日もSL銀河号は運行された。
いつもの午後3時ころ、黒煙を噴き上げて土沢駅から花巻方面に走って行きました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毒沢のカボチャ祭り

秋に恒例のカボチャ祭りでした。
地区内の沿道の賑わい創りですが、ハロウィン・カボチャやジャイアンツ・カボチャを飾り、交通安全や今風に振り込め詐欺防止のアッピールをします。
物語性のある飾りは難しいですが、とにかく派手にカボチャに顔を描いたりして飾りました。

Edi009
中央の男女の顔は今話題のお笑いなそうです。
プラカードのセリフは、そのお笑いの口調を真似ているそうです。

Edi008
こちらは子どもたちとその親たちが主体の作品です。
例年通りハロウィン調です。

Edi003
そして我がチームの作品ですが、季節を先取りした外套やマント姿で交通安全を訴える案山子と、並べたカボチャにアンパンマンや波平さんなどの顔を描いたものです。
そしてなぜか美人さんだけ並べての記念写真です。

Edi002
もうひとつ我がチームのおまけですが、バス待合所の前にジャイアント・カボチャを飾りました。
ペコちゃんとポ子ちゃんということです。
ところで、毒沢地区を車で通行する方は、展示が気になってもわき見運転で事故ることの無いよう、お気をつけお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

アユ食い

今年もアユ食いができた。
アユ食いは地区内に住む同級生でやる秋の催しだ。
東和町を流れる猿ケ石川にかかる簗場が会場だ。
簗の組合長が同級生なため、特別に融通がきくのだ。

Edi003

焼くのを手伝おうかと思って早めに会場に着いた。
簗場の主人は既に炭火をおこして、アユに塩をまぶして炉に並べていた。
意気込んではきたものの、やはり焼き方にはコツがありそうなので、手伝いは炭火の調整だけにした。

Edi010

炉に並べたアユは何度か向きを変えながら、背も腹もまんべんなく焼けるよう調整する。
この時期のアユは落ちアユと呼ばれるが、一番美味しいのではないだろうか。
もちろんメスは卵を抱えている。
ちょうど開始時間には焼きあがって、早速いただくこととなった。
今日の参加者は9人。
皆で全部のアユをいただきました。
酒も大分すすみました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

サルナシのその後

今日の昼食は、自家製のパンにサルナシ・ジャムを塗って食べた。
サルナシ・ジャムは、勿論先日収穫したサルナシで作ったものだ。
サルナシの収穫

Edi004


ジャムは早速10日ほど前に加工したのだが、カミさんは「水っぽいから」といって、今日改めて煮詰めていた。

しかし、再度の煮詰めははたして正解だったかな?
再度煮詰めた結果、ねっとりと濃厚になってジャムらしくなったが、煮詰める前のゆるくて粒々感があり、少し酸味のあるものも捨てがたい気がする。

Edi010
それでもサルナシ・ジャムを塗ったパンは十分美味しかった。
ところで、色々自家製のものを食べると、コメの消費が減ることになる。
米の販売農家としては複雑だ。
米の販売価格は大幅に低下しているし。

もちろんサルナシ酒もしっかり仕込んだ。
たくさん収穫した勢いで、4リットル瓶3本も。
初めての試みだが、1本はウイスキーで仕込んだ。
経費も半端で無かったが、自分で飲みきれる訳はないので、地区のイベントで販売する目論見だ。
売れる見込みは大してあるわけでもないが。

Edi011

販売の作戦を考えなくては。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

皆既月食を撮影してみました

今夜、日本中で皆既月食が見られます。
朝からテレビが報じていた。
夕方になっても天気は上々。
観察し、カメラに収めることにした。
特殊な撮影なので、まずはネットで撮り方をチェック。

201410081edi

月は予告通り夕方6時過ぎから欠け始めた。
時間経過とともにどんどん欠けてきた。
上の画像は6時43分ころの状態。

欠け始めから1時間ほどで皆既月食となった。
皆既月食は明るさは落ちるが、赤い月に変身することだ。
当初は上方部がまだ少し明るかったが、次第に月全体が均一な落ち着いた明るさと赤みになった。
次の画像は7時50分ころだ。

201410082edi

晴天のため放射冷却で体は冷えたけど、今夜の天体ショーをしっかり観察させてもらいました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

サルナシの収穫

我が家の裏にサルナシを1本植えている。
亡父が植えた唐檜の木が、伸びすぎては困るので芯止をして、それにサルナシをからませている。

Edi015


植えてから11、2年ほどになるので毎年のように身を着けるが、今年は特に大豊作だ。
近づいて裏側から覗くと鈴なり状態が見える。

Edi012


このサルナシは野生種より実が大きい。選抜種だと思っている。
せっかくの果実なので、サルナシ酒とジャムを作ろうと思う。

Edi004

まずは収穫だ。
実は枝によって熟して皺ができて柔らかくなったものや、まだ固く張っているものなど色々だ。
硬いものは酒に、柔らかいものはジャムに向ける。
2,3割ほど採ったところで籠はいっぱいになり重くなった。

Edi017

軽量してみたら籠を含めて8.5キロだった。
採りすぎた気もするが、後は焼酎に漬けることとジャムにするだけだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »