« 秋の畑 | トップページ | 山里の保育園運動会 »

2014年9月21日 (日)

川の生き物調べ

とうわ野鳥の会の自然観察会でした。
今回は川の生き物調べで、場所は我が地区を流れる毒沢川の下流部、猿ケ石川との合流地点に近いところでした。
付近の橋には「魚や生き物の住む毒沢川を守りましょう」との横断幕が掲げられ、川は大事にされているようです。

Edi021

まずは川に入って生き物の捕獲作業です。
水温は16度Cで少し冷たい。
幸い天気は上々で濡れても気にならないほど。
捕獲は網を使って、岸の藻や草の生え際あたりをすくったり、石を動かして誘き出したり、砂ごとすくってみたり。
子どもの時以来ではないが、かなり久しぶりの川の中での活動でした。

Edi003


1時間半ほどの捕獲作業の後は、生き物の種類と数の確認です。
まずは用意した2つの大きなトレイに魚類とその他の生き物を分けて入れます。
次に種類と数の確認ですが、「岩手の川にすむ生物図鑑」も用意されいたが、この部分は全く環境アドバイザーの講師に依存でした。
地上の生き物はある程度知っていても、容易に覗けない川の中の生き物は知らない、というのが一般的のようです。

Edi009


結果は、結構多数の種類が確認された。
多くて書ききれないが、カエル2種、魚類7種、昆虫類14種、エビ類2種、貝類2種、その他5種でした。
次の画像はスナヤツメ南方種だが、岩手県レッドデータブックCランク、環境省絶滅危惧Ⅱ類だとか。

Edi011


他にも貴重な生き物がいろいろ見つけられたが、ピントが合っていない次の画像はマシジミだ。
国内の淡水シジミは外来のものにとって代わられており、マシジミは岩手県レッドデータブックではBランクだ。

Edi018

結果、毒沢川の生物多様性は確保されている方、ということだ。
いろいろ勉強になりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 秋の畑 | トップページ | 山里の保育園運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/57450566

この記事へのトラックバック一覧です: 川の生き物調べ:

« 秋の畑 | トップページ | 山里の保育園運動会 »