« みちのく民俗村を散策してきました | トップページ | 秋空の下で東和町民交流グラウンドゴルフ大会 »

2014年9月 3日 (水)

秋の七草といえば

今年は秋の到来が早いと言われていたが、9月に入って本当に秋を感じることが多くなった。
植物の世界では、結構前に報道されていたが今年はススキの出穂が大分早かったようだ。
今日は、ススキと秋の七草仲間の萩の開花を発見した。

002edi

この萩は隣家のものだ。
我が家のものも紅白並べて植えてあるが、まだここまで花が開いていない。
萩の花は風情があって好みだ。
秋の七草でも葛は、管理に手を焼く迷惑な植物だ。
似たようなものには初夏に花をつける藤もあるが。

ところで秋の七草は、山上憶良がうたった万葉集の歌からきているそうだ。
では、その歌をちょっと拝借。

秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)
かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴
朝貌(あさがお)の花」

奈良の時代の都は、自然が豊かだったんだねえ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« みちのく民俗村を散策してきました | トップページ | 秋空の下で東和町民交流グラウンドゴルフ大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/57269317

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の七草といえば:

« みちのく民俗村を散策してきました | トップページ | 秋空の下で東和町民交流グラウンドゴルフ大会 »