« 夏の青空の中でホオジロが鳴いていた | トップページ | 夏草刈り取り、そしたらニイニイゼミ »

2014年7月28日 (月)

夏は黒い蝶?

このごろ自分の時間には畑に詰めている。
畑と言っても、作業は畑の一角での薪小屋の建て替えだ。
あまりに暑いので、作業の手を休めて畑の作物を見回ったり、周辺をうろついたりもする。

畑ではいつものようにモンシロチョウが飛び回っていた。
この蝶はアブラナ科の作物とともに移入された、つまり帰化昆虫なそうだ。
どうりでいつも元気なわけだ。食草も豊富だし。

050edi

東北地方も梅雨明けということで毎日暑いが、このところ他のチョウはあまり見かけない。休眠しているのだろうか。
見かける蝶は黒っぽいチョウばかりの気がする。
ジャノメチョウはヒメジョオンの花のある辺りを飛んでいた。

019edi

畑の隣の藪のカラスウリの葉に見かけない蝶が止まっていた。
翅を開いたままで止まっているので蛾かなと思ったが、調べてみるとダイミョウセセリと言うそうだ。

024edi

小高い藪のササの上には、また別の黒い地に白い斑のあるチョウがいた。
それはミスジチョウと思われた。ササに着いた露を吸っているようだ。

001edi

黒いチョウと言えば、やっぱりクロアゲハが代表かな。
ただこのチョウは7月初めには見かけたが、このごろは見ていない。
今の時期、チョウは畑よりも林や草の茂った原野の方が見つけられるのかもしれない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 夏の青空の中でホオジロが鳴いていた | トップページ | 夏草刈り取り、そしたらニイニイゼミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/56925516

この記事へのトラックバック一覧です: 夏は黒い蝶?:

« 夏の青空の中でホオジロが鳴いていた | トップページ | 夏草刈り取り、そしたらニイニイゼミ »