« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月28日 (月)

夏は黒い蝶?

このごろ自分の時間には畑に詰めている。
畑と言っても、作業は畑の一角での薪小屋の建て替えだ。
あまりに暑いので、作業の手を休めて畑の作物を見回ったり、周辺をうろついたりもする。

畑ではいつものようにモンシロチョウが飛び回っていた。
この蝶はアブラナ科の作物とともに移入された、つまり帰化昆虫なそうだ。
どうりでいつも元気なわけだ。食草も豊富だし。

050edi

東北地方も梅雨明けということで毎日暑いが、このところ他のチョウはあまり見かけない。休眠しているのだろうか。
見かける蝶は黒っぽいチョウばかりの気がする。
ジャノメチョウはヒメジョオンの花のある辺りを飛んでいた。

019edi

畑の隣の藪のカラスウリの葉に見かけない蝶が止まっていた。
翅を開いたままで止まっているので蛾かなと思ったが、調べてみるとダイミョウセセリと言うそうだ。

024edi

小高い藪のササの上には、また別の黒い地に白い斑のあるチョウがいた。
それはミスジチョウと思われた。ササに着いた露を吸っているようだ。

001edi

黒いチョウと言えば、やっぱりクロアゲハが代表かな。
ただこのチョウは7月初めには見かけたが、このごろは見ていない。
今の時期、チョウは畑よりも林や草の茂った原野の方が見つけられるのかもしれない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

夏の青空の中でホオジロが鳴いていた

今週はゆったりしている。
何しろ市会議員の選挙期間中なので、どの団体も行政も会議や催しを自粛している。
もちろん選挙の関係者や運動員は、暑い中一生懸命頑張っている。
本当にごくろうさまです。

711edi

坂の上の野菜畑に行くと、今日も相変わらずホオジロが囀っていた。
このごろ野鳥たちは、なんか自分に優しい気がする。
比較的近くに行っても、すぐには逃げようとしない。
あまりに囀りが熱心なので動画でカメラに収めた。
皆さんには囀りがどのように聞こえますか。

一筆啓上仕り候、ですか。
源平ツツジ白ツツジ、ですか。それとも
〆切直前あとちょっと、ですか。      

ホオジロの囀り動画

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

ウグイスの姿撮った

今の時期、田んぼや畑の管理の合間には薪の準備の作業がある。
薪材の準備は冬の間の伐採から始まるが、自分の場合、後半の作業は夏からだ。
早春から初夏にかけては田んぼや畑や趣味の園芸の作業が重なって忙しいためだ。
つまり今は、山に残してある玉切りした薪材を下の小屋まで運び出して、次にはもっと短くして斧で割る。

畑と山の間の藪でウグイスが鳴いていた。
ウグイスはいつも鳴いている。しかし、ウグイスはいつも声はすれども姿は見えずだ。
そう思っていつもは聞き流すが、今日はなんか近くだ。
カメラは持ってきたし、撮れるかもしれないと思いササと野バラの藪をかき分けて近づいて行った。
近づいたら案の定逃げられてしまったが、行く先でまた出会った。
今度は目の前の松の木の上に居るではないか。今日のウグイスはなんか優しい。

029edi

やっぱり姿はイメージと違う。
それで遠慮したのか最初は後ろ姿。

036edi

その内にこちらを向いて囀ってくれました。
ちょっと正調からは外れていたかな。

038edi

距離があったし、カメラと腕の限界もあるが、この画像の方がより分かるかな。
季節のせいだろうか全然ウグイス色でもない。
本当にウグイスかなと思う人もいるはず。
それでは音入りの動画で確認してください。
望遠レンズをつけて手持ちで撮ったので、画面が揺れているがご容赦ください。

ウグイスの動画

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

耳を澄ませなくても野鳥の声

関東以西では梅雨が明けたそうだ。
こちらの梅雨明けはいつになるか知らないが、今日は暑いというより蒸し暑かった。
午前中はコミュニティ事務所で急な用事の入った事務局員に代わって留守番をしていたが、空いた午後だが外へ出る気持ちは萎えた。

074edi

昼食後にまどろんでいると網戸を通してホオジロの囀りが聞こえた。
午前中の事務所の窓の外のホオジロは地鳴きだったけど。
この鳥は秋まで囀るんだろうか。
60と何年間かあまり気にしなかったことだが、このごろは野鳥の鳴き声が気になる。
いまどき家の周りで良く鳴く鳥は、カラスやスズメ以外ではホオジロとカワラヒワかな。
いつだったかは珍しくエナガがユリの木や電話線上で一時騒いでいた。
時々は離れた林の上空あたりからサシバの独特な泣き声だ。
畑に出ると隣の木立ではヒヨドリが騒いでいる。

一時騒いでいたヒバリは、このごろは聞こえない気がする。

024edi

カワラヒワは、広い畑の方では群れていたりするが、家の近くでは電線の上で囀っているのをよく見かける。
この鳥の鳴き声は実に色々だ。
文字で表現するのは難しいが、チッチョ・チッチョ・ピリリ・ビーンとかキリキリ・ビィーンとかキリキリ・コロコロとか単にビーンとかだ。

064edi


鳥瞰図というものがあるが、どの角度からでもカメラを抱えて近づくと野鳥はすぐ逃げる。
それでも電線上の鳥は許容度が少しゆるい気がする。
しかしそれを撮るにはピントや明るさが難しいんだよね。
エナガは電線の上でもジッとしてくれなかった。

073edi

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

畑の日

今日は海の日なそうだ。全国的に天気も上々のようだ。
自分は海に特別な憧れは無いなあ。
それでも日本海に沈む夕日は憧れかなあ。
太平洋から登る朝日も厳かな感じで捨てがたいけど。

今日は出かける用事もないし、何日かぶりの晴天だし、自分には畑の日だ。
と言っても、見回りしながらちょこちょこっと手入れするだけだが。

054edi
今年のソバは、例年より20日以上早く種まきした。
晴天続きから梅雨空になる変わり目を狙って済ませたのだ。
昨年は湿害で失敗したので今年は畝撒きにしたが、播種量がちょっと多かったかな。

007edi

今年もトウモロコシとトマトの畑には、タヌキやハクビシン除けの電気柵を設置した。
雑草が伸びて電線に触れると漏電して効果が落ちるので、定期的な見回りが必要だ。

008edi
トウモロコシは絹糸に色が付いてきたので、あと10日もすれば食べられるかな。
今年も甘い自家産トウモロコシをがっつり食べてやるぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

市議会議員選挙告示、それから野鳥写真と家具・木工作品展

自分の生活にはあまり関係ないが、世間では三連休なそうだ。
むしろ休日の方が、用事や催しで時間が埋まる生活がずーと続いている気がする

今日は月例の野鳥の会自然観察会の日だったが、他にも大事なことがあって、自然観察会は参加できなかった。
市議会議員の告示の日で、出陣式があったのだ。
応援する地元候補の選挙事務所は簗場の休憩所だ。
十分に広い川原の駐車場だが、埋まるほどの大勢の支援者が集結した。
そんな中で自分は応援弁士を務めさせられた。後援会と選対本部の幹部に同級生が務めているためもあって、お鉢が回ってきた。

今回の選挙は合併後三度目だが、初回の時以来の定数削減があって厳しい戦いだ。
どこでも同様だろうが、今地域は厳しい状況に置かれている。
そんな時に議員数は少なくなるが、市政の施策決定にしっかり食い込める見識と実力のある議員を地域から送り込むことは重要だ。
応援する候補者は自分よりずっと若いが、十分期待できる人だ。
今日から7日間の選挙戦が始まった。
どこの掲示板も昼ごろには候補者の掲示板で埋まっていた。

002edi

ときどき小雨が降る中、午後からは野鳥写真と家具・木工作品展を訪ねた。
出品者は隣の市に住む人だが、野鳥の会の仲間だ。
午前は自然観察会に参加し、午後には展示場に詰めていると思ったからだが、案の定だった。
その人は家具・木工作者だが、樹木が好きで詳しい。それと野鳥も。
展示されている家具は机や椅子、端材をうまく使った額縁や花立などなど。
幹の部分まで切り離した枝を使った何に使うか分からない作品もあった。
誰かが、立ってお話する時に肘置きに使ったら楽ちんかも、と言っていた。
肝心の写真を撮っていなくて残念。
もちろん額縁には数多くの野鳥の写真が飾られていた。
ご近所の毛織作者も現れて、しばし樹やら野鳥やら生き物の話に花が咲いた

Img001edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »