« 野鳥、囀りの季節、そしてサシバ飛来 | トップページ | 七折の滝まで自然観察会 »

2014年4月21日 (月)

のどかな毒沢は野鳥の囀りで賑わっている

当地は朝晩の気温が平年より低いせいか、桜の開花が進まない。
しかし、野鳥たちは春を謳歌していてかしましい。
やはり今の一番はウグイスだ。いや、数で断然勝るスズメかな?

 

ウグイスの囀りは幾つもの方向から聞こえてくるが、姿を見かけるには結構難しい。
見かけるといえば、前回の投稿で「ツグミは見かけなくなった」と書いたが、まだしっかり居ました。
それは堆肥を散布したばかりの草地に群れていて、私が近づくほどに小走りに逃げては立ち止まり、また小走りに逃げるという特有の行動をしていました。
ピンボケですが、証拠の画像は次です。後ろ姿ですが、白い眉斑がはっきりしています。

 

Tugumi012edi
カシラダカは確かに当地にまだ滞在していました。
実は、やはり前回の投稿で「カシラダカはまだ居る」と書いたものの不安でした。
ホオジロの囀りがウグイスの次ぐらいに賑やかになっているので、最近カシラダカと思って見ていたのは本当はホオジロだったのかなと不安でした。
なにぶん自分は野鳥観察ビギナーなので。

 

Kasiradaka018edi
そこでカメラで撮ってじっくり確認しました。
一見してスズメのようでもあるが、黒い眼帯に白い腹はカシラダカでしょう。
やはり草地に群れていたが、近づくと逃げてヤマザクラの途中の枝にとまった。

 

Hoojiro027edi
一方、梢の高いところで一人でしきりに囀っていたのはホオジロでしょう。
やはり黒い眼帯だが腹が褐色だ。それも光線の方向のせいか随分と濃い。
胸が膨らんでいるのは、囀るときの特徴だろうか。
ある野鳥の本では4,4,2,4のリズムで囀ると解説していたが、そうだろうか。
また昔の人は「一筆啓上仕り候」と聞きなししたそうだ。

 

聞きなしといえば、「焼酎一杯グイー」と囀るセンダイムシクイは、早池峰の山麓にまだ渡って来てはいないだろうな。
5月の“七折りの滝”での観察会ではお目にかかれるだろうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 野鳥、囀りの季節、そしてサシバ飛来 | トップページ | 七折の滝まで自然観察会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/55876671

この記事へのトラックバック一覧です: のどかな毒沢は野鳥の囀りで賑わっている:

« 野鳥、囀りの季節、そしてサシバ飛来 | トップページ | 七折の滝まで自然観察会 »