« 猿ケ石川原の野鳥観察会 | トップページ | 野鳥、囀りの季節、そしてサシバ飛来 »

2014年3月19日 (水)

雪の残る毒沢城跡を散策

今日は朝から晴天だった。特に用事の予定もない。
この時期、こんな時は家周りの植栽ものや畑での春を迎える準備をするのだが、まだ雪が残っているので出来ない。
3月初めには“今年の春到来は早いかな”と思っていたところ、その後でどっかりと春の降雪があったのだ。
そんなわけで運動とバードウオッチングを兼ねて裏の毒沢城跡まで散策することにした。

城跡といっても、日ごろ薪用材を伐採している林から一息登るだけだ。
登る途中、上空を白鳥の群れが通過した。
ときどき掛け声をかけながら(鳴き声は掛け声のように聞こえた)、群れは北の方を目指していた。
(画像はどれもクリックすると拡大します)

319_003edi

毒沢城跡は室町時代の山城の跡地だ。
最上部の主郭後は当然に雪で覆われていた。
期待通り岩手山まで見通すことができた。
この時期に頂上まで登って得られるご褒美の眺めだ。

319_018edi

東屋で一服し帰路についたが、周りは雪でも逸早く季節変化に反応している植物もある。
ヤマハンノキは紐状の雄花を伸ばしていた。

319_023edi

自分は晴天に浮かれて飛び出してきたのだが、野鳥たちはあまり多くなかった。
冬鳥はもう渡ったのだろうか。
泣き声が聞こえても見難い杉林からだったり、見えるのは飛び交う群れだったり。
畑のあるところまで降りたとき、ひと際はっきりした“さえずり”が聞こえてきた。
そのトリは小枝の陰にいたがカメラに収めることができた。

319_001edi

そのトリはカシラダカと見られた。
先日の観察会でも見たトリだ。
一見スズメと見間違うが、ホオジロの仲間で北から渡ってくるという冬鳥だ。
何より立派な名前を持っている。
(はっきりした画像と鳴き声は こちら でどうぞ)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 猿ケ石川原の野鳥観察会 | トップページ | 野鳥、囀りの季節、そしてサシバ飛来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/55437289

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の残る毒沢城跡を散策:

« 猿ケ石川原の野鳥観察会 | トップページ | 野鳥、囀りの季節、そしてサシバ飛来 »