« 冬の野鳥観察会 | トップページ | SL銀河号が試運転 »

2014年2月20日 (木)

木切りの季節

1月の半ばころから陽が照る日も多くなってきたので、都合と天気の良い日は雑木林に入って木切りをしている。
もちろんそれは暖房用の薪材採取のためだ。
今日も午前中は林に入った。
冬の日差しの入っている林は、気分が良い。
それは葉が無いために見通しのきくせいも有るかもしれない。

H26_002edi
伐倒した材は、運搬車で山から運び出すために約80センチの長さで玉切りする。
根元付近などで太い部分は半分の40センチの長さで切る。
これが薪材の長さだ。
材があまりに太すぎて、この長さでも自分の力で運搬車に積み上げれないときは、現場で斧を使って半分に割る。
なぜか今シーズン切っているところはヤマモミジがほとんどで、画像がそれである。

 

チェーンソーのエンジンを停めて休憩していると、近くの木の幹でシジュウカラが活動していた。
その数は今日は数羽(私の数羽は5、6羽)だったが、もっと多い時もある。
別の方向の樹上の方では
マヒワだろうか、賑やかな一団もいた。
野鳥たちも日差しで気分が良いのだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 冬の野鳥観察会 | トップページ | SL銀河号が試運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/55075075

この記事へのトラックバック一覧です: 木切りの季節:

« 冬の野鳥観察会 | トップページ | SL銀河号が試運転 »