« 薪づくり体験会に参加しました | トップページ | 雪景色に飾られました »

2013年12月10日 (火)

動力薪割り機を買っちゃいました

薪割りも機械を使えば確かに楽チンだ。
しかし、楽チンな機械の購入は70歳を過ぎてからと考えていた。
ところがその機械を、時期前倒しで買ってしまった。

2013_002edi

1カ月余り前になるが、田沢湖の近くで行われた秋田県種苗交換会に見物に出かけた。
その催しの農業機械展示会場でその機械と出会ってしまった。
これまで知っていたものに比べて価格は手ごろに安く、その割には能力は十分と判断した。
価格が安いのは中国で製造しているためではある。

操作作業をYouTubeにアップしました   動力薪割り機操作1

これまで何度か使ってみたが、能力は問題ない。
上の動画は直径23センチ長さ40センチの材だが、節のある材でも、また直径30センチで長さ35センチのしぶといイタヤカエデも割ることができた。

動力薪割り機操作2

この薪割り機のセールスポイントの一つが、刃の形なそうだ。
最初の画像の機械の右はじの部分だが、刃が二段になっている。
割られる材は、最初に経の端が割られて、次の段階で芯の方が割られるようになっている。
つまり、馬力当りの能力が高められるということのようだ。

動力薪割り機操作3

使ってみると確かに作業が楽チンだ。
ただ前かがみの作業の連続になるので、時間が長くなると腰に負担が来る。
それから、油圧操作の作業なのでスピードは速くない。
なので、機械は太い材を最初に半割りするときに用いて、後は斧で割った方が能率は高いように思う。
それでも、操作3の動画のように、縦に付いている刃に横刃を装着すると、材は一気に4分割できるので能率は高まる。

薪割りは、冬場の健康作りのための運動でもあるので、やはり腰を動かす斧の作業を無くすわけにはいかない。
それに、まだ70歳ではないのだから

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 薪づくり体験会に参加しました | トップページ | 雪景色に飾られました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/54216133

この記事へのトラックバック一覧です: 動力薪割り機を買っちゃいました:

« 薪づくり体験会に参加しました | トップページ | 雪景色に飾られました »