« 空けない梅雨空の合間に咲くヒオウギ、そして夜中には月下美人 | トップページ | みちのく民俗村、それと五穀カレー »

2013年8月28日 (水)

続・月下美人

8月も残り少なくなり暑さも峠を越したようで、朝晩はグッと涼しくなってきた。
暑い最中はブログをアップする元気も出なかったが(これ、方便)、また月下美人が咲いたので、そのことを

20138262edi

前回はほぼ1カ月前の7月末だったが、その後2週間ほど経ったときに1輪咲き、今回は3度目になる。
今回は3輪だが、同日に3輪咲くのではなく2日に渡った。
上の画像は初日のもので、左の下方に二つの蕾が見える。
そして次の画像が二日目、つまり残りの二輪が咲いた昨夜のものだ。

20138272edi

画像の上方で萎んでいるのは前夜の花だが、朝からこんな状態だ。
葉を良く見ると、次に咲くだろう小さな花芽が幾つか見つかる。
月下美人がこんなに良く咲くものだとは思わなかった。
あまり手をかけてはいないが、その管理法が適切なのかな。

 

ところで、1輪だけ咲いた2度目の時、食べることに挑戦した。
定番の三杯酢でだ。
花は大きいので二つに割ったが、これでもまだ大きく食べにくかった。

20138124edi

味見した感想を言うのは難しい。
粘りは確かにオクラやモロヘイヤ以上だった。
味はまずくはなかったが、美味しくもなかった。
また食べたいと思うものではなかった。
美しい花は見るだけに限る、ということでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 空けない梅雨空の合間に咲くヒオウギ、そして夜中には月下美人 | トップページ | みちのく民俗村、それと五穀カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/53065676

この記事へのトラックバック一覧です: 続・月下美人:

« 空けない梅雨空の合間に咲くヒオウギ、そして夜中には月下美人 | トップページ | みちのく民俗村、それと五穀カレー »