« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

空けない梅雨空の合間に咲くヒオウギ、そして夜中には月下美人

相変わらず今日も午後からは雨になった。
今時分、我が家の花は青色のキキョウと雨空の合間にオレンジ色の小花を開かせるヒオウギ(檜扇)だ。
アートフィルターを使ってちょっとドラマチック(のつもり)に撮ってみた。

004edi

我が家のヒオウギに特別な物語はないが、植えているのは原種に近いものなのか背の高い普通の品種だ。
体のわりに小ぶりな花を咲かせるタイプの花を、自分が好むせいもあるかも。
一日花なので雨続きの天候では可哀そうだ。
晴天下で朝から夕方まで輝かせたいものだ。
秋になると真っ黒で艶のあるぬばたまと呼ばれる実をたくさん付けるが、その景色は風情がある。

夜中にもしかして今日あたり咲いているかも、と思ってテラスを覗いたら、予想はばっちりだった。
月下美人の今年1回目の開花だ。

014edi

玄関に持ち込んで写真を撮ったが、相変わらず芳香が漂う。
ヒオウギとは違って、月下美人の花は大きくて見ごたえがあるが、確かこの花は知人から戴いた(預かった?)ものだ。
マダカスカル由来ではなかったかと思っているが、解説書では原産地は中南米ということなので勘違いかもしれない。
今回の花は三つ(裏側に一つ)だったが、画像の下方に見えるように次の花芽も付いている。
葉を良く見るともっと小さい花芽も数多く見つけられた。
挿し木から3年目の昨年は3度にわたって花を付けたが、今年は何度咲いてくれるのだろう。
以前思っていた以上に、この花は良く咲いてくれるので、冬期間の管理の面倒さはあるが、それだけの値はあるかなと思っている。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

山百合、ヤマアジサイが咲き、昆虫たちも賑やか

各地の大雨被害が報じられている。

当地では大きな被害は出ていないが、梅雨はいっこうに空けそうにない。
それでも植物の季節は着実に進んでいるようだ。

我が家の前方の小高い丘は公葬地だが、今その丘の法面には山百合が咲いている。

001edi2

今年は花の数が例年より多い気がする。
ちなみに一方では、ウメやプルーン、ブルーベリーなどの実りは不良だったが、大事な時期の天候の良否の違いのせいなのだろうか。

009edi

例年のことだが、山百合を含めて茂っている草はお盆前には刈り取られる。
それまでの白いユリの花の観賞だ。

公葬地から道を進むと、やはり白い花のヤマアジサイが咲いていた。
ヤマアジサイと思っているが確かではない。
葉の形状は、アジサイというよりはウツギに似ている。
もしかして、ガクウツギとでも言うのかな。

201372917edi

ガクアジサイのような花にはチョウなどの昆虫が群がっていた。
チョウの画像はピンボケだが、アブやハネカクシの仲間と思われる昆虫も多くいた。

201372906edi

201372912edi
201372914edi

ハネカクシは結構たくさんいたが、どれも交尾中だ。
この白い花は、そのための都合のよい場所になっているのだろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

イコン展が東和町で

東欧顧客イコン展というものが、東和町のこっぽら土澤1階で今月中の予定で開催されている。
自分にとって宗教、特にキリスト教はなじみがないし苦手な分野だ。
出展者が知人というか、かっての職場の先輩なので鑑賞してきた。

Edi_001

イコンとは聖人とか教会などの出来事を描いた画とも言うべきものだった。
説明によると、主に東方正教で用いられたもののようだ。
板に描かれた画だが、家庭などで神棚のように用いられたもののようだ。

展示されているイコンは、元ポーランド大使が関心を持って集められたものなそうだ。
それを事情があって、知人が(正確には知人の奥様が)大使から託されたもののようだ。
馴染みのない自分の感想は、一言で言うと「異文化そのもの」だった。
会場には別の先輩夫妻も見えられていたので、久しぶりの同窓会でもあった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

ハクビシンから農作物被害を防ぐ試み

人里の自然への人間の管理が手薄になってきて、一方では野生動物がのさばってきている。
在来の動物ばかりではなく、ハクビシンやアライグマなどの外来の動物も加わってきて厄介だ。
それらの被害に「困った困った」と言っているばかりでは何も解決しないので、防除法を試みている。

Edi201371747
トマトとスイートコーンを専用の電気柵で囲んだ。
その経費を考慮すると、トマトもスイートコーンも山盛りに何度も買えることになる。
経費のために断念しては、獣害の問題は永遠に解決しないのだ。

Edi201371742
マニュアルに沿ってワイヤーを15センチ間隔に3段張った。
さらに、その外側に15センチの高さで1段張った。
これで効果は完璧であってほしいと期待している。

Edi201371748
ほかに、以前からハクビシン捕獲用の箱わなも設置している。
ハクビシンは確かにかわいい顔をしている。
北海道の有名な某動物園で人気者になっているハクビシンを見たこともある。
しかし野生のハクビシンは本当に厄介者だ。
運動能力が高いため、その害は多岐にわたる。
繁殖能力も高いらしく、被害の拡大は顕著だ。

Edi3

日本に連れてこられ、野生に放たれたハクビシンは、自身も被害者かもしれない。
しかし理由はどうであれ、のさばられては困るのだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »