« 雪景色の正月 | トップページ | 名水を汲んできました »

2013年1月 8日 (火)

薪材を伐採する

今日は、日中安定した天気の予報だったので、裏山に入って薪材の伐採をした。
幾つかの種類の獣の足跡の付いた雪道を登って、里の方を振り返ると当然のことだが里は雪景色だった。

1

林はいわゆる広葉雑木林だが、ミズナラが主でクリやヤマザクラ、カエデ類などが混じっている。

0

株元から4本に分かれ、どれも十分に大きく伸びたクリの木を最初に切ることにした。
薪としてのクリは、火力はあるが火付きは良くないほうだ。
そのため、ストーブに入れる時は他の材と混ぜて炊くのが望ましい。
そんなこともあって、4本の内の3本だけを切った。

1_2

切り倒した後は玉切りだ。
自分は玉切りの間隔は35~40センチとする。
樹種によって割りやすい材と割りにくい材があるので、一様にはいかない。
今日は運搬の時の都合も考慮して倍の長さで切った。

3

今日はこれくらいにして帰ろうかな、と思っている時、たくさんの小鳥が現れていることに気付いた。
低い木の小枝と小枝を渡りながら移動しているらしかった。
Photo

ピーチュクルとか鳴きながらだ。
野鳥は詳しくないが、シジュウカラかな。
別の方向からは、ビーとかギーというような鳴き声があり、ヤマガラも居るようだ。
今自分の鳥の声は、どれも地鳴きというものだろう。
今日の裏山は快適だった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 雪景色の正月 | トップページ | 名水を汲んできました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/48658310

この記事へのトラックバック一覧です: 薪材を伐採する:

« 雪景色の正月 | トップページ | 名水を汲んできました »