« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月25日 (木)

今年の落ち鮎も美味しかったです

今年も美味しい落ち鮎をたらふく食べられて幸せでした。
場所は猿ケ石川に設けられている成島の簗場で、恒例の食べる会でした。。

10月初めの台風による増水の時に、鮎は大量に簗に落ちたそうだ。
今年は渇水ぎみだったため、当初は落ち鮎の漁は期待していなかったそうだが、予想に反しての大漁だったという。
さすが水量の変動の少ない猿ケ石川ならではと思った。
炭火で焼いている様子をご覧いただこう。

Ayu2edi

今日の仲間は10人でした。
焼いた鮎の数は数えていないが、皆で全部を頂いた。
誰もが3尾は食べたはずだ。
この時期の鮎のメスは卵を抱えている。
それなので食べた満足度は最高レベルだ。

Ayu3edi

鮎のほかにも芋の子汁やカボチャひっつみなども美味しかった。
全て自慢話になってしまうが、自然豊かな田舎ならではの造作もなくできる贅沢だ。
おかげで、今日も飲みすぎてしまった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

かぼちゃ祭りをやっています

我が地域恒例のかぼちゃ祭りの展示が始まっている。
地域内の班とか組単位に道路沿いにかぼちゃを飾って、地域の賑わいを作る催しだ。
まだ全域での展示が揃ってはいないが、回数を重ねている我が家周辺の区域では出そろった。
(今回は画像を並べるだけですが、クリックで大きくしてご覧ください)

Kabocha_4edi_2


Kabocha_2edi


Kabocha_6edi
Kabocha_7edi

Kabocha_12edi

Kabocha_19edi_2


Kabocha_13edi_2


Kabocha_21edi_4



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

七折の滝に行ってきました

東和野鳥の会の自然観察会でした。
七折の滝は早池峰の中腹にある。
県道を岳集落の近くまで行き、林道に入って2キロほど。
駐車スペースで車を降りると、昇り口には七折の滝まで1.1キロの表示があった。

(どの画像もクリックで大きくなります)

Nanaorinotaki20121014_001edi_2
ここからは結構な登りで沢沿いを行った。
途中には林床の草原もあり、野草観察会となった。

Nanaorinotaki20121014_008edi_2
この時期、赤い実を付けた野草が2種見つかった。
一つはサラシナショウマだった。
〔訂正です。トチバニンジンでした。〕

Nanaorinotaki20121014_034edi_2
もう一つは何だったかしら、名前を忘却しました。
〔追:ユキザサと教えていただきました〕

Nanaorinotaki20121014_037edi_2
他に、覚えやすい名前のシダということで、ジュウモンジシダリョウメンシダを教わった。
木では葉っぱの違いから知れるカエデ特集で、ミツデカエデ、ヒトツバカエデ、イタヤカエデ、オオモミジ、ヤマモミジ、ミネカエデなどでした。
(参照:カエデの識別

七折れの滝までの間には、結構見事な滝が幾つもあった。
連続する滝を眺めることも、この沢のだいご味のようだ。

Nanaorinotaki20121014_015edi_2
早池峰は蛇紋岩の岩山なので、道は滑りやすくて歩きにくい。
沢沿いを歩くためにゴム長靴を履いてきたので尚更だった。
それでも沢を越えなければならないときは、沢に入って岩の少ない浅瀬を渡ればいいので、長靴は楽だった。

Nanaorinotaki20121014_006edi_2
いよいよ七折れの滝に到着だ。
やはり今年はこの時期、水量が少ないようだ。
滝は十分見事だったが、既に紹介されている画像などと比べると迫力がイマイチのようだ。

Nanaorinotaki20121014_030edi_2
次の画像は滝の上部の部分で、この滝一番の売りの「跳ね滝」と呼ばれているらしい部分だが、やはり水量不足でさほど跳ね上がってはいなかった。
この滝で迫力を期待するなら、春から初夏に来ることだろう。

Nanaorinotaki20121014_025edi_2
今日の観察会は天気にも恵まれたし、廻った沢全体が素晴らしいところだった。

 

ところで肝心の野鳥観察だが、今日のコースでは極端に少なく、皆が確認したのはカワガラスだけだった。
先導の車は林道でヤマドリの幼鳥を見たそうだ。
誰かはジュウイチの鳴き声を聞いたと言っていた。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

三ツ石山へ紅葉見物に

三ツ石山は、裏岩手縦走路上の一峰として知られているが、本州で一番早く紅葉の見られるところとしても有名なようだ。
三連休で帰省した娘の要望もあって、日曜日にひと足早い紅葉見物をした。

ハイキング向きコースと言われているようだが、網張温泉経由の奥産道を利用するルートで行った。案の定、百台超の車で僅かな駐車スペースは満杯となり、駐車はかなり手前の路上になった。ここから山頂まではしっかり二時間を要した。

Mituisi121007_033edi

一時間半ほどで峰伝いの縦走路上にある三ツ石山荘に着いた。山荘付近は峰伝いと言っても湿原になっていて水場もあった。ここでは登頂前の最後の休憩となった。

Mituisi121007_011edi

ここからは岩手山を背にして登る。空は大きく開けていたが、雲が盛んに流れ、岩手山は全容を見せることはなかった。写真は一番姿を現した瞬間だ。

Mituisi121007_016edi

山頂付近は牛かラクダの背のような地形で、絨毯を敷いたように灌木(樹種は確認し忘れた)が紅葉していた。
やはり登山者も多かった。写真の山頂には人が溢れているが、カメラを構えているところも小高くなっていて同じくらいの人数がいたのだ。
かって盛岡でお世話になった味処・彩四季のお三方も偶然一緒でしたよ。

Mituisi121007_026edi

後ろを振り返ると、こちらも絨毯のような紅葉で、山荘付近の針葉樹の緑とはコントラストになっている。


Mituisi121007_021edi_2

山頂だけあって展望は360度良い。
雲が多いので、遠くの山は霞んだり、近くの紅葉も陽の射す部分と射さない部分では鮮やかさに差があった。

Mituisi121007_024edi

ランチのお握り等を食べてしっかり休んだ後、帰路に就くこととした。
帰りは大方の人々の時間が揃ったようで、列を連ねての下山となった。

Mituisi121007_028edi

この日は鮮やかな紅葉と大自然の空気で満腹した。
明日、明後日の筋肉の調子が少しだけ心配だけど。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »