« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月19日 (木)

ガマの葉で織った筵(むしろ)

注文していた筵が今年も3枚届いた。ガマの葉で織った特製品である。
ガマ(蒲、香蒲、学名:Typha latifolia L.)は、
ガマ科ガマ属多年草抽水植物である。
当地の出身で盛岡で暮らしている知人は高校で歴史を教えた元教師だが、藁細工が趣味でガマの葉を材料に筵も織るということを聞き、注文したのだった。
昨年も3枚作っていただいており、これで注文の6枚がそろった。
「乾燥が不十分なので晴天の時に干してくれ」ということだったので、さっそく天日で乾かした。

Gamazoza_004

筵は、自分の趣味であり自給のためでもあるソバの実や小豆や大豆などを乾燥させるときなどに、敷物として用いる。
ガマの葉で織った筵は軽くて使いやすいのが一番だが、見た目が立派なことはもちろんで、材料からして貴重品である。
気安く筵と呼んでいいのかと気になり、広辞苑で調べてみた。
「イ、ワラ、ガマ、スゲなどを編んで作った敷物。特にワラを編んだものをいう。」とあった。
ちなみに茣蓙(ござ)は、「イグサの茎で編んだ敷物。ござむしろ。」とあった。
今では筵自体があまり見かけなくなったが、イメージとしては農産物、とりわけ穀物のための敷物というものだろうが、本来は人間が建物の中で使うカーペットだったようだ。
そして、イグサやガマで編んだものは特別な上級な席に使われたようだ。
そうすると、ガマの筵で干される我が家の穀物などは高級品ということになるのかな?

ガマというと、串にソーセージを刺したような穂を思い浮かべるが、織物につかうガマの葉は出穂前の6月半ばには収穫するそうだ。
筵を編むには長い揃った葉が必要なので、採れる場所は限られるうえ、収穫して乾かした後の葉は選別される。
そういう過程を経て作られるガマの筵はやはり貴重品だ。
そういう貴重な筵で調整される我が家の穀物などは、やっぱり高級品なのかな?

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

山野草の寄せ植え

梅雨も後半を迎えると東北でも本当に梅雨のような天気になってくる。
気温も湿度も上昇し蒸し暑くなってきた。
そんな中でも各種山野草はまだまだ元気そうだ。
前から一部試みてはいたが、今年は特に山野草の寄せ植えについて、鉢植えや石付きで取り組んでいる。
それらは成長とともに見られるようになってきたので、このページに一部をアップしてみよう。

Yoseue_17edi
手製の鉢に、花を付けているチシオバシモツケ、そして斑入りアマドコロ、ムシャリンドウだ。
季節を追ってどれかが花を付けてくれように構成した。(後で付けた説明のような気もするが)

Yoseue_8edi
斑入りドクダミが花を付けているが、他はミセバヤ、ネジバナ、ゲンノショウコだ。
ミセバヤは古くから家にあるものだし、斑入りドクダミ以外は、家の周りや近くの河原堤から採取したものを植えている。

Yoseue711_002edi
鉢植えでは苔の付いた石も取り入れている。
花を付けているツクシカラマツと一輪だけの白花姫フウロだ。
ランナーが伸びているものの名前は、呉れた知人もハッキリしないということで不明だ。
ミヤマキンバイだと良いなあ、と思っている。しかし、ランナーがこんなに伸びるものだろうか。分かる方から教えを請いたい。
ゲンノショウコも紛れ込んでいる。

Yoseue711_004edi
これもツクシカラマツだが、火山性の軽石につけている。
黒風知草、矮性のトクサ、乙女ギボウシ日光と一緒だ。

Yoseue_12edi
火山性の軽石に付けたものだ。
軽石は八幡平の麓に住む知人から戴いた。
イワヒバがメインだが、乙女ギボウシと白花姫フウロが一緒だ。
苔もいい感じに付いてきている。

Yoseue712_001edi
これもイワヒバがメインだが、昨年栃木市で手に入れたもので「可児誉」の名が付いていた。
このイワヒバはこれから黄色が増していく。晩秋には赤みが勝ってくる。
シダは裏山で採ったものだがシシガシラというのかな。
イワヒバの裏にはイワウチワとコケモモがささやかに付いている。
下方には当地でイドグサと呼んでいるユキノシタが勝手に付いてくれている。

 

今回はここまでだ。
次は、付けている山草が花を咲かせてからにでもしよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

紫インゲンを収穫してみました

袋に Purple Heirloom Bean と記された種子を手に入れて栽培している。
紫家宝インゲンとでも言うのだろうか。
ポリフェノール豊富で栄養価が高そうと思い、手に入れた。
Purplebean_1edi

数日前から文字通りの紫の花が咲いていたが、今日見ると鞘がそれなりに成長していたので収穫してみることにした。
ネットで紫インゲンを少し調べてみると、蔓なしインゲンということだったが、自分が栽培しているものは蔓になるものだ。
Purplebean_4edi_2

また、英文で検索してみると、アメリカインデアンが栽培していたもので、柔らかくてスジが無いという特徴も見つかった。
サラダに使うという記述もあった。
このインゲンは豆を食べるものだろうと予想して手に入れたのだが、どうも鞘を食べるものなのかもしれない。
まだ生育途中で若いせいもあろうが、今のところ見た目も鞘インゲンだ。
Purplebean_26edi

さっそく茹でてみると、生では濃い紫のインゲンが濃い目の緑色のなった。
ポン酢の味付けで食べてみたところ普通に美味しかった。食べ慣れている鞘インゲンに比べると少しアクのある感じはした。
自分は本当は好きではないが、今度は欧米人の真似をしてこのインゲンをサラダに使ってみようかな。
Purplebean_29edi_2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »