« 花苗植えで交流しました | トップページ | クレマチス・ウイーク(その2) »

2012年6月 8日 (金)

クレマチス・ウイーク

近くにあるクレマチスのナーサリーが、恒例のクレマチス・ウイークと銘打った展示即売会を今年も今日から開始した。
当初は確かに1週間程度の開催期間だったが、年々好評になってきたせいか今では2週間余りの日程のようだ。
Clematis_17edi

去年までは毎回初日に行っていた。
行けばどうしても苗を買うはめになるが、もう植える余裕がなくなってきているので、今回は我が家のクレマチスを点検することにした。

当地での開花は5月10日ころから始まるので、一季咲きのカザグルマ系の花は終盤になっている。
最初の画像は東側の靴洗い場付近のものだが、ジャックマニー系のH.F.ヤングが盛りだ。
ここは一番先に咲きだす場所だが、左の天塩は色あせているし、ミス東京は既に花弁は散っている。
Clematis_4edi
車庫兼工房の壁際のテラリスでは、やはりジャックマニ系でワインレッドのアラーナが盛りで、下方の早池峰はそろそろ終わりだ。
このアラーナは丈夫なことをいいことに粗末にしていたら、一度枯らしてしまった。
ところが翌年に新しい芽が復活してきた奇跡のものだ。
テラリスの左方では、この前までは道成寺が咲いていたが、間もなく華やかなピンク色ののプリンセス・ダイアナが彩る。
ちなみにテラリスは古障子の骨だ。
Clematis_1edi_2
パテンス(カザグルマ)系でも今が盛りのものは弥一だ。深い青色が輝いている。
ここでも早池峰は引き立て役だ。
奥のイチイの木に絡まっている小花はハンショウヅルだ。
画像をクリックして拡大すれば見分けられるかな。
手前で蔓を延ばしているのはアルバニーだ。
Clematis_8edi_2
今が盛りの弥一は別のところでも咲いている。
ムラサキヤシオの枝に蔓を絡ませ咲いているのだ。
Clematis_11edi_2
枝に蔓を絡ませているのはハンショウヅルや弥一ばかりではない。
H.F.ヤングはウメモドキの枝の上でも咲いている。
どうも我が家で咲いているクレマチスは青色が優勢のようだ。
Clematis_15edi
青色といえば、鉢植えになるがミヤマハンショウヅルも咲いている。
両翼のように咲いている二つの花も、この品種では今年最後のものだろう。
Clematis_9edi
これで終わりにしようと思ったが、まだあった。
畑の縁の風除けのイチイの木には純白のマダム・ル・クルトルが絡まって咲いている。
まだ咲き始めだが、盛りになるとイチイは綿帽子を被ったようになるのだ。
Clematis_20edi

蛇足というやつだが、ついでにもう二つの画像も載せることにしよう。
天塩と赤富士が咲いている。
Clematis_12edi_3
Clematis_5edi

Clematis_12edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 花苗植えで交流しました | トップページ | クレマチス・ウイーク(その2) »

コメント

クレマチスの数々綺麗ですね。楽しく見せて頂きました。こんなにたくさんの種類は手入れが大変では?我が家は3品種なんですが四季を通じて風が強いと思うので路地に移すのは勇気が必要でした。昨年はじめてここは適地かなと考えたところに出しましたが、白色のは花をたくさん咲かせてくれましたが、青紫のは成長が止まったかと思う状態で伸びなく当然花は咲きませんでした。とても残念!・・・8年間毎年咲いていたのに・・明日は鉢にもどそうと決意したところです。やはり鉢で楽しむ方が私流かな?・・と。

投稿: suika | 2012年6月16日 (土) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/45581445

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチス・ウイーク:

« 花苗植えで交流しました | トップページ | クレマチス・ウイーク(その2) »