« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

馬力大会に行ってきました

遠野市で恒例の東北馬力大会がありました。
荷を積んだソリを引いて、障害の丘を越えて走る挽馬レースです。
出場馬は県内からのほかに青森県や宮城、山形県などからでした。
知人も行くということで2時間ほどだけでしたが、10年ぶりくらいの観戦でした。

Bariki_10edi

第37回の大会ということだったが、この挽馬大会は平成に入って間もなくのころ一時中断していた。
そのころ自分は遠野に赴任していたが、挽馬大会は遠野ならではの催しと思い、関係者に働きかけて復活させた思い出のものだ。
遠野はもともと馬との関わりは深く、挽馬大会のファンも多いので、毎年継続され盛会裏に開催されているようだ。

Bariki_7edi

挽馬のレースでは馬を鞭で叩くので、「かわいそう」とか「鞭で叩くような競技は嫌いだ」という声も少なくはないようだ。
しかし、馬への鞭は、相撲取りやスポーツ選手が手のひらで顔をたたいて気合を入れるのと同じようなものなのだ。
だから、普段は愛情を注いで飼育しているお母ちゃんも、レースになると笠を振り回しながら馬を追いかけて愛の鞭を打ってしまうのだ。

Bariki_2edi

挽馬レースは観覧席では十分楽しめない。
関係者からは迷惑かもしれないが、出番を待つ馬が繋がれている馬運車の辺りとか、出走地点とか障害の丘辺りに移動しながら見るのは格別だ。
その辺りには望遠レンズを備えたニコンのカメラを二台くらい首につるした人種たちも多数いる。
互いに「よく会いますね」とか「やっぱり今回も来ましたか」などと挨拶していた。
良く周りを見てみると、その辺りでコンパクト・デジカメを下げているのは自分だけのようだった。

Bariki_8edi

レースはランクごとに行われるが、四流馬から始まり、それからジュニア部門とも言える二才馬、三才馬、四才馬と続き、その後に三流馬、二流馬、最後はもちろん一流馬のレースとなり、一流馬のソリの積載量は260貫、975キログラムなそうだ。
自分は前半の3レースしか見ていない。
それでも画像のとおりの重量馬ばっかりだ。
下の画像は二才馬がゴールしたところだ。
飼い主のゴールしたことの安堵とか(制限時間内にゴールできない馬もいる)、馬へのねぎらいや将来への期待が感じられるようだ。

Bariki_13edi
次の画像は、たぶん三流馬レースの出番を待って準備運動というか、緊張感を高めるための引き馬の最中のようだ。
こんな様子も観覧席からでは見ることができない。
大変お邪魔しました。


Bariki_14edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

クレマチス・ウイーク(その2)

近所のクレマチス・ナーサリーのクレマチス・ウイークは、二度目の日曜日の昨日も賑わったことだろう。
そこで、といっても関係ない気もするが、このブログでも自分のクレマチス第2弾。

その後に咲き始めたものは、やはり新梢咲きのものだ。
ベル状の花が多いが、その代表はベティ・コーニングだ。
Clematis_41edi

木立性のものも咲き始めている。
ドランディは、昨年までは鉢植えしていたが、この春に外便所の軒下に植え替えた。
土壌が肥沃ではないせいか、草丈は昨年までに比べて高くない。
ほとんどの新梢咲きのものは切り戻しによって何度か花を付けるので、秋まで花を楽しむことができる。
Clematis_44edi

今回もおまけだが、畑のマダム・ル・クルトルの開花は今が盛りになっている。
Madam_002edi

おまけのおまけは、クレマチスとしては古い品種のようだが、我が家には昨年から加わっているニオベだ。
Clematis_48edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

クレマチス・ウイーク

近くにあるクレマチスのナーサリーが、恒例のクレマチス・ウイークと銘打った展示即売会を今年も今日から開始した。
当初は確かに1週間程度の開催期間だったが、年々好評になってきたせいか今では2週間余りの日程のようだ。
Clematis_17edi

去年までは毎回初日に行っていた。
行けばどうしても苗を買うはめになるが、もう植える余裕がなくなってきているので、今回は我が家のクレマチスを点検することにした。

当地での開花は5月10日ころから始まるので、一季咲きのカザグルマ系の花は終盤になっている。
最初の画像は東側の靴洗い場付近のものだが、ジャックマニー系のH.F.ヤングが盛りだ。
ここは一番先に咲きだす場所だが、左の天塩は色あせているし、ミス東京は既に花弁は散っている。
Clematis_4edi
車庫兼工房の壁際のテラリスでは、やはりジャックマニ系でワインレッドのアラーナが盛りで、下方の早池峰はそろそろ終わりだ。
このアラーナは丈夫なことをいいことに粗末にしていたら、一度枯らしてしまった。
ところが翌年に新しい芽が復活してきた奇跡のものだ。
テラリスの左方では、この前までは道成寺が咲いていたが、間もなく華やかなピンク色ののプリンセス・ダイアナが彩る。
ちなみにテラリスは古障子の骨だ。
Clematis_1edi_2
パテンス(カザグルマ)系でも今が盛りのものは弥一だ。深い青色が輝いている。
ここでも早池峰は引き立て役だ。
奥のイチイの木に絡まっている小花はハンショウヅルだ。
画像をクリックして拡大すれば見分けられるかな。
手前で蔓を延ばしているのはアルバニーだ。
Clematis_8edi_2
今が盛りの弥一は別のところでも咲いている。
ムラサキヤシオの枝に蔓を絡ませ咲いているのだ。
Clematis_11edi_2
枝に蔓を絡ませているのはハンショウヅルや弥一ばかりではない。
H.F.ヤングはウメモドキの枝の上でも咲いている。
どうも我が家で咲いているクレマチスは青色が優勢のようだ。
Clematis_15edi
青色といえば、鉢植えになるがミヤマハンショウヅルも咲いている。
両翼のように咲いている二つの花も、この品種では今年最後のものだろう。
Clematis_9edi
これで終わりにしようと思ったが、まだあった。
畑の縁の風除けのイチイの木には純白のマダム・ル・クルトルが絡まって咲いている。
まだ咲き始めだが、盛りになるとイチイは綿帽子を被ったようになるのだ。
Clematis_20edi

蛇足というやつだが、ついでにもう二つの画像も載せることにしよう。
天塩と赤富士が咲いている。
Clematis_12edi_3
Clematis_5edi

Clematis_12edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

花苗植えで交流しました

大震災の被災地でもある大船渡市三陸町崎浜地区で、アスターなどの花苗を植えて交流してきた。
花作りで気を紛らしていただくこととか、盆や彼岸の際の実用も目的にしている。
この花植え交流は昨年に続いて2度目になるが、この地区と我が地区との交流は震災以前からのものだ。

我が地区からは10名ほど参加した。
現地では40名余りの人々が待ち構えていてくれた。
昨年は雨降りだったが、今回は晴天に恵まれた。
説明もそこそこに、皆はさほど広くはない畑に散らばり、小型のショベルを手に一斉に植え付けを始めた。

Sakihama6073edi

晴天続きだったため、畑の土は乾いてパサパサだったので、水やりは大仕事だった。
それでも、昨年は雨模様だったので(次の画像)、それに比べると今年は楽勝だ。

6edi

昨年植えた百日相は、水気の心配もなく良く生育してくれ、花は何度か切り花にして楽しめたようだ。(次の画像)
71edi

今年も昨年並みの成果を期待したい

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

少し珍しい光景

私の住むところはのどかな山里なのだが、最近は釜石方面への自動車道路の工事の関係で騒々しい。
今年度中に遠野市まで開通させる予定とのことで、突貫作業ぶりを感じる。
日曜日にもかかわらず、今日も工事道路は大賑わいだった。
今は、舗装工事前の砂利敷き工事のようだ。

正午過ぎに近くを通ったところ、ちょっと珍しい光景を目にした。
一段高い工事中の道路上に何台ものダンプカーが一列に整列していた。
昼休みで車の中で昼食をとっているのだろう。
数えたところ13台だったが、離れた後方には更に7台ほどが見えた。
Dorokoji_4edi
Dorokoji_7edi_4

午後になって、軽トラックにガソリン用の携行缶を積んで出かけた。
いつも行くガソリンスタンドは日曜日には安くなることを知っていたためだ。
携行缶のガソリンは、草刈り機、畑用管理機、チェーンソーなどを動かす燃料だ。
先に別の買い物をしようと駅の近くを通ったところ、何か尋常ではなかった。
線路沿いの道路には車や人が溢れていたし、駅からは黒い煙が上がっていた。
「そうだ、今日はSLの走る日だった」ことを思い出した。
今月は土日に何度か一関と釜石の間を観光のためのSLが走るのだった。
せっかくなので携帯電話を使って写真を撮ろうと思ったが、車を止めれそうな余地がなく、ガードをくぐって反対側に回ることにした。
SLが駅を離れてこちらに近づいてきていることは、SLが発する蒸気音で知れた。
車を停めて離れる余裕もなく、町役場の前で運転席からカメラを構えた。
駅からしばらくは登り坂になるので、SLは思いっきり煙を吐き出し、そしてたなびかせながら目の前を通って行った。
自分が高校に通っていたころには日常だった光景を、久しぶりに目にした。
Sl001


以上、少し珍しい今日の二つの光景でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »