« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

イワウチワが咲きました

我が家で初めてイワウチワが一輪咲いた。
4年ほど前に買った一株だ。
サツキやハンショウヅルなどと寄せ植えしているものだ。
Iwauchiwa003

常緑の山野草は冬の管理が難しい。
我が家は風の通り道にあるので、全ての植物にとって冬の風は難敵だ。
これまで冬越しのダメージのためと思われるが、開花を見ることはなかった。
枯らしてしまったものもある。
それだけに一輪でも咲いてくれたのはうれしい。
Iwauchiwa_063edi_2

我が家のイワウチワは、葉の色は赤いが、花の朱色はかなり薄く、ほとんど白に近い。
本来深山に生えている植物だが、冬は木々や雪に包まれて寒風からは守られて越すことができる。
雪ツバキなんかも、「厳しい山の中で育つなんて!」と思ったりするが、同じようにそれなりに過ごしやすい環境に生育しているのだろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

カナヘビ発見

発見と言っても珍しいことではない。
我が家の庭に生息するカナヘビ君だ。
暖かさが続くようになって最近は良く見かける。
今日は携帯電話のカメラで撮らせてもらった。
(画像から見つけることができますか?)
Kanahebi001edi

庭に生息と言えば、シマヘビやヤマカガシもいる。
作業小屋の縁の下にはアオダイショウも生息しているようだ。
今年はまだ見かけていないが、じきに見かけることだろう。

カナヘビは蛇の名が付くが、トカゲの仲間なようだ。
見た目、疑う余地もない。
カナヘビとトカゲの識別に自信があるわけではないが、我が家に生息しているのは間違いなくカナヘビのはずだ。
Kanahebi002edi

カナヘビの尾は全長の3分の2位の長さなそうだ。
確かに画像を見てもそんな感じだ。
Kanahebi003edi

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

裂き織りのスリッパをいただきました

私は不在だったが、友人夫妻が訪ねてきた。
裂き織りのスリッパを届けていただいた。
友人の奥さんは、趣味で織物をする人だ。

過日、その奥さんたちグループの作品展が開催されて、私も見に行った。
主に羊毛を使って織物にして服などにする作品が展示されていたが、大きな壁掛けの作品もあり、有名な宮沢賢治の帽子と外套を付けて田んぼにたたずむ写真をモチーフにしたものもあった。

作品の中には、古いセーターなどを解いた毛糸で織物にして制作したという、女物のベストがあった。
「こういうベストは自分も欲しいなあ」と言った記憶がある。

そこには裂き織りの作品もあって、「何か後で届けましょう」と言われたのだった。
それで今日、スリッパを届けていただいたのだ。
奥さんが表地を織って、スリッパに作ったのは別人のようだ。
Slippers003edi

裂き織りと言えば、近々、花巻さき織り作品展という催しがあるようだ。
花巻文化会館において5月25日から27日までということだ。
スリッパをいただいたお礼のためにも、鑑賞に行こうと思う。
ちなみに、今日の私からのお礼は手製の箒でした。

ホームページ「山里で自然生活」から 箒(ほうき)づくり  を見る。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

ヤママユ(天蚕)の繭を発見

栗の木の枝にヤママユの繭を見つけた。

午後、陽は大分傾いてきていたが、やり残していたウメとプルーンの剪定枝を片づけることにした。
途中、隣の栗の木の不要枝が気になって、切り払うことにした。
どのように切り払おうかと眺めていたら、ヤママユ特有の黄緑色の繭を見つけた。
Tensan01

あっ、こっちにも、一枝に繭は二つあった。
更に探したら、合計四つ見つけた。
珍しいので、採取して持ち帰ることにした。
Tensan03


調べてみたら、ヤママユの越冬は卵で行われるという。
持ち帰った繭を良く見たら、四つの内の一つの繭に6個の黒い卵を見つけた。
別の一つの繭には1個だけ卵があった。
Tensan05

そうか、切り落とした枝には、ほかの卵が付いていたかもしれない。
気付かなかった。
幸い、まだ枝は片づけていないので、明朝に確認しなくては。
たくさん見つかったら、飼育に挑戦してみようかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

田起こしの後、アズマイチゲやカタクリを撮りました

陽気に恵まれた今日は、田んぼに出て耕起作業をした。

田んぼの上の方ではタカの仲間が旋回していた。
当地周辺では、大学生が数年前から渡り鳥の猛禽類であるサシバの調査をしている。
営巣地を確認しながら鳥の生態などを調査研究しているそうだ。
自分も営巣地の確認などで協力しようと、今の時期は上空とか電柱の上の方をいつも注視することにしている。

しかし、鳥の識別が結構難しい。
サシバの他にトンビとノスリの似たようなタカの仲間が生息しているからだ。
「あれはサシバかな?」と思って眺めていると、その鳥は突然「ピーヒョロロ」と鳴くことが多い。
やはりトンビの方が数が多いからだ。

ここでも田んぼの近くの土手にはアズマイチゲの花が目に付く。
先日はこの花の写真を撮り忘れたので、今日は作業が終わってから、起こした田んぼを背景にして撮ってみた。
Harukusa_010edi1
ここの土手では、フキノトウもアズマイチゲに張り合って生息していた。
方言ではバッケと呼ばれるが、花茎が伸びてくるとフキノトウと呼ぶ方がふさわしい気がする。
Harukusa_012edi1
田んぼから帰る途中、「今ならカタクリも咲いているはずだ」と思い、咲いているはずの我が家の山に寄ってみた。
やはり今が盛りだった。
Harukusa_004edi1
このカタクリだが、当地では一時期は少なくなったはずだったが、最近は少しずつ増えてきているように思う。
何が影響しているのだろうか。
Harukusa_006edi1

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

オオイヌノフグリやナズナが咲いていました

4月も半ばになって急に暖かくなってきた。
新年度を迎えてコミュニティの用務も積み重なっているが、暖かくなってくると農的作業も忙しさが増してくる。
鉢植えの山野草の植え替えが済んで、枯れ葉や枯れ草で乱れていた庭の整理もやっと片付いた。
今度は畑や田んぼの春起こしの番だ。

田んぼの畦畔は、遠目にはまだ枯れ草色だが、近くに寄ってみると無数の瑠璃色が輝いていた。
オオイヌノフグリだった。
Harukusa001edi

この野草に限ったことではないが、昔の植物学者は面白い名前の付け方をするものだ。
普通、一般の人は花には目を付けるが、学者は実までも注目して草の名前を決めるのだから、さすがだ。
Harukusa002edi

視線を少しずらしたら、そこではオオイヌノフグリとナズナが混生していた。
顔を上げて田んぼの先の畑の土手を見ると、そこはアズマイチゲが白く咲いていた。(あいにく写真は撮っていない)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

台風並みの低気圧来襲につき、コーヒーにする

昨夜からの台風並みの低気圧来襲はものすごかった。
我が家の被害は、雨どいの一部が外れたこと、浄化槽曝気のブロアが漏電したこと、畑の傍の掘っ立て薪小屋の屋根の一部が飛ばされたことだ。

大気が寒気に入れ替わったせいか、今日は雨が雪に変わったりしてきた。
午前中はコミュニティの用務があったが、午後は予定していたブルーベリーの移植作業もできなかった。

退屈しのぎにコーヒーを飲もうとしたが、粉が切れていた。
それでも、大分前だが知人から戴いたコーヒー豆のあることを思い出した。
ミルを持っていないので放っておいたのだが、今日はすり鉢を使って粉にしてみることにした。

Coffee_002edi
やってみれば出来るものだ。これはスローライフなのかも。
荒挽きだが、かえって不揃いな挽き具合が微妙な味を引き出すかもと、勝手に希望的解釈をした。

Coffee_003edi
我が家ではドリップするときはメリタのコーヒーメーカーを使う。
機械任せでほどほど美味しいコーヒーをドリップできることと、保温できる容器が付いているためだ。

Coffee_008edi
さて肝心の飲み味だが、結構楽しめた。やはり豆が古いせいか、それとも挽き方が荒かったせいか、香りが少し薄かった気もしたが。
Coffee_010edi
嗜好品とは良く言ったものだ。準備する過程を楽しめば、結果の味の方も自己満足で美味しく感じられる。

 

それでも、低気圧来襲被害の修復の手間と費用を考えた途端、残りのコーヒーの味は苦味が増してきた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »