« ニュージーランドに行ってきました‐4(リッチなグリートさんに会う) | トップページ | ニュージーランドに行ってきました‐6(東海岸のWhangamataを訪ねる) »

2011年12月10日 (土)

ニュージーランドに行ってきました‐5(ウオーリーの農場と家)

グリートの家を後にして、サーファーがよく来るというラグランの海を見物した後、やっとウオーリーとバルの家に着いた。
ハミルトンの郊外になるが、15キロから20キロぐらいのところの農場だ。ここを訪ねるのは2度目だ。

今年84歳のウオーリーは、ちょうど20年前の1991年に酪農経営の現役を引退し、それまでの大きい牧場を売り払っている。
そして現在の30ヘクタールほどの農場に移り住んだのだ。
それでもワイカト地方議会の議員に推薦されて多忙となったため、農場の半分ほどは裏隣りの農場に売ったか貸すかしたそうだ。

Nz_20111202_74213edi
家は道路から50メートルほど入ったところにあり、茂った庭木に覆われているので良くは見えない。
まさに自然と共生して暮らしているような感じがしたが、こちらでは同じような感じのところが結構多い。
家までの道の左側の牧区には生後1カ月くらいの子馬と母馬がいた。
彼の道楽だが、競走馬、乗用馬の飼育をしている。
16年前に訪ねた時は10数頭を飼育していたと記憶しているが、現在は3頭の母馬だけだった。
反対側の牧区にもほかの馬が放牧されていたが、道沿いのイチョウやユリの木がでかくなっていて驚いた。

Nz_20111128_74350edi
家に近づくと柑橘類の木が何本か植えられていた。これらはウオーリーかバルが植えたのだろうか。
オレンジにグレープフルーツにレモンだった。ほとんど放任栽培のようで、葉にカビが付いたりして果実の表面はきれいではない。
鳥がほじくったようなオレンジも見られた。
ここでは気候条件からして、柑橘類とリンゴやナシなどの落葉果樹の両方が栽培できる。

Nz_20111129_82644edi
玄関前に植えられた葉色の違う幾つかの植物の寄せ植えは、前回も見た記憶がある。
これらも放任されている様子だが、実に自然でありながら調和が感じられた。

Nz_20111128_74923edi
そんな植物に埋もれるように、母屋とガレージと離れのゲストルームが並んでいた。
下の画像で、奥が母屋で、手前の左がゲストルームだ。

Nz_20111128_75309edi
自然豊かな牧場なので動物も沢山いた。
家畜としては馬のほかに、育成を受託しているらしい若牛が何十頭かいたし、猫が2匹と鶏が10数羽いた。

 

鶏のうちの1羽は、5羽のヒヨコを連れていた。
改めて画像を見ても、なんとも微笑ましくのどかな感じです。
ところが厳しい自然の現実も、滞在中に知ることになった。
滞在3日目の朝に、ウオーリーは「ヒヨコが2羽居なくなった。鷲か野良猫が連れて行ったのだろう」と言うのです。
確かに、ヒヨコは3羽だけになっていました。
なんと更に翌朝には、親鳥は1羽のヒヨコを連れているだけでした。
どんなにのどかな感じでも、自然には色々なことがあるのは当然なことでしょう。

Nz_20111127_180828edi
スズメとか名前のわからない何種類もの野鳥も飛び交っていた。
ウオーリーは、それらに毎朝餌を与えていた。野鳥にもである。
次の野鳥だけは、名前を知っている。プケコという名だが、先住民のマオリの言葉だろう。
顔が赤くて道化のようでもあり、飛べない鳥と言われている。実際は上空までは飛べないが、大きさも似ているキジ程度に飛べるようだった。

Nz_20111201_1350pukekoedi
このように絵にかいたような豊かな農場ですが、ウオーリーとバルは来月の1月末には20年住んだここから移るそうだ。
そして、東海岸の保養地のタウンに住むそうだ。
そんなことも知らないで、たまたま私が「行ってみたい」と言った地域に、その保養地があるそうだ。
明日は、その地域に行くことになった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

|

« ニュージーランドに行ってきました‐4(リッチなグリートさんに会う) | トップページ | ニュージーランドに行ってきました‐6(東海岸のWhangamataを訪ねる) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/43329704

この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランドに行ってきました‐5(ウオーリーの農場と家):

« ニュージーランドに行ってきました‐4(リッチなグリートさんに会う) | トップページ | ニュージーランドに行ってきました‐6(東海岸のWhangamataを訪ねる) »