« ニュージーランドに行ってきました‐6(東海岸のWhangamataを訪ねる) | トップページ | ニュージーランドに行ってきました‐8(野菜工場が近くに) »

2011年12月12日 (月)

ニュージーランドに行ってきました‐7(肉牛農家ブリットの秘密の園を訪ねる)

今日は、ウオーリーの甥(長兄の子)のブリットの肉牛農場に出かけようと車に乗り込んだところ、来客があった。
背丈のある中年の女性だったが、結構な美人だった。
「母のところに来たついでに、ちょっと寄ってみたの」というようなことが聞き取れたが、後は早口でなにやら彼らと話していた。

後で聞いたところによると、この農場を買い取ることになった人だという。
飛行機の客席乗務員をしているそうだし、ご亭主は空軍のパイロットなそうだ。
この国でも、農場に住むことが憧れだったり、ステータスなのだということに、改めてまた知らされた。
余談だが、これまでエアー・ニュージーランド社の飛行機には何度か乗ったが、若い乗務員には会ったことがない。(どうでも良いことでした)

ブリットの肉牛農場は PUKEMORIMORI という丘にある。いや、丘が丸ごと彼の農場である。
ちなみに PUKE はマオリ語で小さい丘という意味なそうだ。
久しぶりに会ったブリットも、当然だが年を重ねていた。

Nz_20111128_143133edi
牧場を見回る時は、低速ギアのある四輪駆動の車を使う。
今回もそれに乗って丘の上まで行くことになった。
写真を撮らないでしまったが、牛は白黒模様のフリージャン種だった。日本のホルスタインと元は一緒の種類だ。
ここの肉牛は、放牧による牧草だけで飼育される。
肉はアメリカに輸出されてハンバーグ材料として使われるそうだが、オーガニックの牛肉として扱われるので、売値は悪くないとのことだった。
また、ここでは種雄牛の生産もしている。それらも評価が高いとウオーリーは話してくれた。身内ひいきかもしれないが。

 彼は乗用馬も飼育していた。大会で入賞馬となるような名馬も少なからず育成しているようだ。
彼の奥さんのナレルは、国の乗馬大会でチャンピオンになったこともある人で、馬への情熱は家族ぐるみのようだ。
丘への途中の馬の牧区では、蹄の手入れをしていた。

Nz_20111128_144849edi

丘の上の牧区には大きな石がある。
そこで私はブリットと特別な記念写真を撮った。
実は16年前に訪ねた時も同じ所で写真を撮ったのだ。
前の時の写真を右手に持って、今の姿を撮った。まさにビフォー、アフターだ。

Nz_20111128_150228edi
Nzbrettfarm1995edi
丘から下たら、秘密の場所に案内すると言う。
そこは別世界で桃源郷、いや、オアシスのようなところだった。
モネの絵のようなところで、池の水面ではスイレンが咲こうとしていて、岸の柳の影も映っていた。
池の向こうには石造りのロッジと、後で知ったがシャワーとトイレの小屋もあった。

Nz_20111128_152222edi
これらはもちろんブリットの手作りだという。まず4年ほど前から池を作ったという。
石の家は、2010年の2月から作り始めたというから、それから2年近くになるが、トイレの排水と浄化装置などを残してほとんど完成していた。
ロッジにはテーブルやベットも設置されていた。電気は無くて明りはガス・ランプだったが、流しにはLPガスも用意されたいた。

Nz_20111128_152722edi
使われた石は、この周辺から全て拾い集めたものだという。
冗談のつもりで「1泊くらいはここに泊まりたいな」と言ったら、ウオーリーは本気にしたようで、危うく滞在最終日の夕方に連れてこられそうになった。
母屋からの途中には沢があって石の橋が掛けられてあったが、「ブリットとナレルによって2010年8月に設置された」と刻まれたプレートも貼られてあった。(画像の石橋の右端)
その茶目っけも面白かった。
Nz_20111128_153006edi
ブリットは「テーにしよう」と言って、ガスでお湯を沸かし始めた。
そこで外の椅子に座って待ったが、テーはついに出てこなかった。どうも茶葉の用意がなかったようだ。
改めて母屋に帰ってテーになったが、ナレルの用意してくれたマフィンやオーツ・クッキーもご馳走になって、それがかえって幸いした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

|

« ニュージーランドに行ってきました‐6(東海岸のWhangamataを訪ねる) | トップページ | ニュージーランドに行ってきました‐8(野菜工場が近くに) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/43341827

この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランドに行ってきました‐7(肉牛農家ブリットの秘密の園を訪ねる):

« ニュージーランドに行ってきました‐6(東海岸のWhangamataを訪ねる) | トップページ | ニュージーランドに行ってきました‐8(野菜工場が近くに) »