« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

イワシャジンが咲いています

しばらくブログのアップを休んでいたが、9月の20日ころを境に周りは完全に秋模様になってしまっている。
趣味のような我が家の稲作も今日刈り取りを終えてしまった。

庭の山野草も秋の花が順番に彩ってくれている。
こだわりのギボウシの類は、今は各種イワギボウシが花盛りだ。
それでも花となると、今週の主役はやはりイワシャジンかな。

Shajin9296
たおやかで風情のあるイワシャジンの花は、好きな花のAクラスだ。
イワシャジンの仲間でモイワシャジンはとっくに咲き終わっているし、白花イワシャジンが咲くのはこれからだ。
仲間といえば、先日、鞍掛山で見つけたツリガネニンジンやソバナもイワシャジンの仲間だ。
ツリガネニンジンは我が家の庭でも咲いている。いや、やはりとっくに咲き終わった。
背丈が高いせいで姿勢が悪いが、大事にしている。

Shajin9291
私がイワシャジンの類を好んでいる理由は、たおやかで風情のある姿ばかりではなく、釣鐘状の花の形のこともあるかもしれない。
やはり好みの花であるクレマチスの類でも、特にアルピナ系のものとかハンショウヅルの類を好みにしているのはそのせいだ。

先日購入した山野草の育て方の解説書によると、鉢植えのイワシャジンは晩秋に植え替えることがコツなそうだ。
育ちがイマイチと感じていたが、植え替えが不足なせいだったのか。
やはりイワシャジンは、平坦な地面に地植えしてはつまらないので鉢に植えているが、理想は大きな岩の上にイワギボウシとともに植えることだ。
しかし、我が家の庭にはそのスペースが見つからない。
理想は空想で終わるのか。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

秘湯「夏油温泉」に雨模様でしたが行ってきました

地区内のある組織の慰労会のような催しがありました。
催しは山の中の夏油温泉に移動して行われました。

Geto90215
夏油温泉は、江戸時代には東の大関という最高位に挙げられたという古くからの名湯なそうです。
北上市の中心部から西方向の奥羽山脈の中にあります。
秘湯の中の秘湯とも言えるようなところで、山の中腹部分の山道を山襞に沿って紆余曲折しながら行くところです。
台風影響の雨が降りっぱなしでしたが、乗り物は温泉の送迎バスでもあり、心配なく行ってくることができました。
平日のせいもあってか、温泉宿は大自然の中で雨に煙ってひっそりしていました。
Geto90216
この温泉は、山登りの中継基地でもあります。
山は牛型山や経塚山などですが、そこから焼石岳への縦走もできます。
今は山登りに挑戦する気持ちもありませんが、宿から見上げると、山はやはり霧の中でした。
Geto90213
この温泉の特徴というか、魅力は六つの露天風呂をはしごすることです。
どの風呂も川沿いにあって、開放感のある入浴を楽しめます。
多くは混浴でしたが、時間を区切って女性専用時間帯というのも設けられていました。
滝の湯という女性専用の露天風呂もありました。
Geto90222
しかし、今日はあいにくの雨降り続きのせいで移動が難儀なうえに、川は濁流で恐怖感もありました。
しかも代表的な混浴の大湯をはじめ、どの風呂もかなりの高温でしたので、見て回るだけにしました。
Geto90221
湯船から川面に手の届くような場所の屋根のない風呂(疝気の湯だったかな)で、大きな蛙が茹っているのを見たのは私だけかもしれない。
そんなわけで、湯には会食の前後の2度入りましたが、白猿の湯と小天狗の湯の内湯だけにしました。

紅葉の頃、晴天の日にまた来たいところです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »