« 釜石自動車道 | トップページ | 今どき咲いている夏の花は(第2弾) »

2011年7月30日 (土)

今どき咲いている夏の花は

7月も残り少なくなった。
今年の7月は、梅雨がかなり早くに空けて猛暑に見舞われたり、一転、最近はその梅雨が戻ってきたような天気で経過している。
晴れたり降ったりの天気の中で、この2、3日はキャラボクの生垣の剪定をしている。

生垣に沿っては草花が植えられている。
広くも無いスペースだが、沢山の種類の草花が押し込められているので、何時も何かの花が咲いている。
今どき咲く花は多くは無いが十分に十指に余る。
カメラを持ち出して今どきの花をアップで撮ってみた。

Agapanthus08 まずはアガパンサスである。
伸びた花茎の先に空色の花がついていて、それが風に揺れる光景が気に入って植えている。
画像のものは新参者だが矮性品種のものなので、花茎がしっかり立っている。
しっかりしすぎて少しの風では揺れない。
他に花茎の長い古くからの品種の青色花と白色花のものもあるが、これらは雨に当たって花茎が暴れるので、揃って風に揺れるという気に入る光景にはなってくれない。
日本向きではない気がする。

Boltonia12 次も夏には涼しげな青色の花のボルドーギクである。
放置された道路沿いの花壇のようなところから戴いてきたものである。
しばらく名前が分からず、ノコンギクからでも育種された栽培品種だろうと思っていた。
最近になって名前と北アメリカ原産のものであることを知った。
かなり丈夫で狭い庭で年々勢力を拡大しつつある。

Kikyo09 我が家の夏の花は、涼しさを期待した青色が多いかな。
次は日本在来で秋の七草にもあるキキョウです。
古来から愛された花らしく、家紋に使われたり、桔梗の間ともなると格式のある部屋だったろうな。

Dianar7306 私のこだわりのギボウシは、多くが開花のシーズンを迎えている。
その中で今日開花したのはダイアナ・リメンバードだ。
純白で大きくはっきり開き、上品な香りがする。さすがダイアナ。
名前からして海外の作出品種だが、親には日本在来のタマノカンザシが使われているそうだ。

Diana004 もう一つの私のこだわりのクレマチスにもダイアナがある。
こちらは華やかなピンクの花で、ずばりプリンセス・ダイアナ。
この花が開き始めたのは6月半ばだったが、暑い夏に咲き続けるのはさすがにテキサス、メキシコ由来の花だ。

ページが重くなり過ぎそうなので、とりあえず今日はここまで。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 釜石自動車道 | トップページ | 今どき咲いている夏の花は(第2弾) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/41018863

この記事へのトラックバック一覧です: 今どき咲いている夏の花は:

« 釜石自動車道 | トップページ | 今どき咲いている夏の花は(第2弾) »