« 天然記念物「毒沢の栃の木」 | トップページ | センニンソウが咲いています »

2010年8月29日 (日)

今年のソバ栽培

ソバの栽培は今年で3年目になる。
栽培のポイントやコツを守らないで、自分の都合重視でやっているところがあり、正直なところ安定多収穫に至っていない。

今年の栽培は昨年に引き続き同じ休耕田にした。
粘土質土壌で水引けが悪いので最悪条件だが、我が家では一番の遊休地であるからである。
おのずと対応策が必要になってくる。
昨年栽培し、収穫したままの平畝をそのまま活用した。平畝というか110~120センチ間隔で溝を切った圃場である。
(下の画像は昨年の発芽直後の圃場の様子)
Sobahatuga2
このことは昨年から予定していて、収穫直後に白クローバーの種子を播種しておいた。雑草抑制と土壌への窒素供給を狙ったものである。
窒素分の効果はまだ解らないが、雑草抑制の効果は確認できた。

昨年、春から8月の播種までにした3回の耕起は、今年は播種直前に一度草刈をして、平畝の中央部分を20~25センチ巾で耕起するだけにした。
粘土質土壌のために細土にならず、土壌は大小の塊のままだったが、播種した種子は塊の間に納まった状態だったので、蒔き畝をカニ歩きで踏むことで覆土作業に代えた。

Soba81702
上の画像は、8月4日に播種し、出芽し生育中の8月17日の状況である。
見分けにくいかもしれないが、畝の中央のソバの両脇のクローバーがイネ科雑草を抑えている。
しかし、溝の部分にはやはりイネ科雑草がみられる。

Soba829_06
上の画像は、今日8月29日の様子です。草丈は40センチ余りですが既に白い蕾が見えていて、1~2輪は咲いているようです。
この後の大敵は長雨ですが、なんとか避けられるようにと祈ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 天然記念物「毒沢の栃の木」 | トップページ | センニンソウが咲いています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/36426059

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のソバ栽培:

« 天然記念物「毒沢の栃の木」 | トップページ | センニンソウが咲いています »