« 女神山は幾つもの滝とブナの森でした | トップページ | 秋田の六郷湧水群をたずねました »

2010年7月 5日 (月)

ギャラリー花館(はなやかた=大槌町)を訪ねました

以前、地元新聞で紹介されていたが、、大槌町で山野草の鉢を製作している人が居ることを知っていたので、訪ねてみることにした。

大槌の駅に降り、町の人が「花館というのは多分あそこだ」と教えてくれたところは、表の看板は「喫茶花屋敷」とありました。
町の人が「多分・・」と言うとおり、微妙なズレがあるものの当たらずとも遠からずと思って中に入ると、そこは喫茶花屋敷であり「ギャラリー花館」でもありました。Hanayakata054

ギャラリーには、野草鉢や生けた山野草、ほかに絵などが飾られてありました。
同時に、河童の焼き物もいろいろと並べられてありました。

店主の小川さんにお話をいろいろと伺って知りましたが、小川さんは少年のころに溺れて死にそうになったときに河童の大神が現れて、以来、その諭しに沿った生き方をしているということでした。
その挙句、小川さんは河童研究家で、陶芸家で写真家で画家で建築のデザインもするという、総合芸術家とでも言うような方でした。Hanayakata035

小川さんの焼き物は、地元の土を8年ほど寝かせて熟成して使うこと、たたら製鉄の時代に行われた野焼きの手法で、木炭を使って焼き上げるというものでした。
その効果のひとつとして、釉薬は使っていないということでしたが、独特な色彩や照りなども現れているものでした。Hanayakata037

野草鉢に関してですが、小川さんのの説明によると、鉢は織田・豊臣の時代からの陶芸の一分野だということです。
そのような中で、現代の陶芸家は概して鉢については軽視していることに異を唱えていましたが、そのことについては私も同感です。Hanayakata050_2

店の外の敷地内もギャラリーでした。
ほとんど手をかけていないという事でしたが、木や野草が具合良く生えていて、いろいろな陶器などが配置されていました。
やはりここでも目立っているのは焼き物の河童たちでした。Hanayakata044

いろいろ説明を聞いているうちに、私には小川さんが河童の化身のようにも思えてきたのですが、このような感覚は多分失礼なことではない、とも思っています。Hanayakata045

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 女神山は幾つもの滝とブナの森でした | トップページ | 秋田の六郷湧水群をたずねました »

コメント

こんにちは ! ブログ楽しく、懐かしく、見ました 私も4月から得た自由な日々を何とか 手探りながら 暮らして居ます、 自分に合った場が 有ります様に

投稿: 昔の姉っ子 | 2010年8月 8日 (日) 10時02分

昔の姉っ子さん、コメントをありがとうございます。前向きに積極姿勢で暮らしていれば、居場所は直ぐに見つかることでしょう。
直に多忙な日々に追われるようなことになるかもしれませんので、案外と今の自由な日々が貴重かもしれません。

投稿: jangotaro | 2010年8月 8日 (日) 21時17分

はじめまして。
東和の方にはアート@土沢などでお世話になっております。
ありがとうございます。

今は行方知れずでどうやら亡くなったことになってしまった友達の相変わらず変人らしい様子を見れて嬉しかったです。
仲間の私が言うのもなんですが、彼はヘンテコな割にいい作品を作りますよね。
特に焼き物とお庭はとてもよかった。
今は無くなってしまった花屋敷ですが、なんとか彼の作品をみつけてやりたいです。
もし、そちらの方で何かわかりましたら、余裕がおありであれば是非ともご連絡いただきたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿: さいが | 2011年7月31日 (日) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/35672515

この記事へのトラックバック一覧です: ギャラリー花館(はなやかた=大槌町)を訪ねました:

» 花巻市の歌 [香月佐山 替え歌・オリジナル作詞ブログ]
生まれたときから大好きな街で、以下も伯母も今年5月まで住んでいたという、我が家に縁のある街、岩手県花巻市。 一時は本気で移住しようかと考えていたほどだ。 かくいう私も宮沢賢治に憧れ、好きになったので創作の道に進んだ経験を持つからだ。 宮沢賢治を生んだ花巻は素晴... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 15時05分

« 女神山は幾つもの滝とブナの森でした | トップページ | 秋田の六郷湧水群をたずねました »