« 及川フラグリーンのクレマチス直売所に行ってきました | トップページ | ギャラリー花館(はなやかた=大槌町)を訪ねました »

2010年6月 6日 (日)

女神山は幾つもの滝とブナの森でした

女神山は西和賀町の和賀山系にあります。
名前に魅せられて?、いつかは行ってみたいと思っていました。
東京で働いている娘がこの週末に帰省したので、一緒に行ってきました。
近年は、娘が帰省した都度に山にトレッキングに行くことが多くなった。

女神山はハイカーにとってメジャーな山ではない。
そのせいか途中の県道の標識にも女神山を案内するものは無く、登り口付近にある「白糸の滝」を案内するものだけでした。
それでも晴れた日曜日なせいか、駐車場には既に十数台の先客があって満杯だったが、なんとか隅の角のところに自分の車を停めた。

登山道はしばらくの間は滝巡りの道でもある。
女神山の麓には幾つもの滝があって、滝を巡るためだけに来る人もいるようだ。
実際に自分たちの前を歩いていた一行は、自分より幾らか年上と思しき長靴を履いたおじさんとおばさんの6人組であった。
昨日は雨の天気だったので、滝巡りに長靴は正解に違いない。

白糸の滝は行程の最初にあったが、登山道からはかなりの急斜面を降りる必要があった。
最も急なところにはロープも用意されていた。
ところが、この急斜面の途中には慎重に足を運ぶ注意を逸らすかのように可憐で鮮やかな花が咲いていた。
それはイワカガミのように思えたものの、6人組の人たちは別の名前を言っていたが、メモをしなかったので忘れました。Megamisan_001

白糸の滝は各地にもあるようですが、ここの白糸の滝もさすがでした。
それでも今年は水量が少ないそうです。
また、6人組のリーダーの話では、何かのときに岩の一部が欠けたそうで、それ以前には今より滝の幅が広く、幾つかの筋状の滝だったそうです。Megamisan_004

この後、姫滝、石清水、降る滝(これがここでは最大の滝)と見て回り、県境コースと呼ばれる登山道を進みました。
まずは羊歯とサワグルミの林でした。Megamisan_008

そこから急斜面を登るほどにブナの林へと変わっていきます。
このブナ林は行程の大部分を占めています。
これほどに見事で広がりのあるブナの林は、私は初めてでした。
まだかまだかと思うほどに続くブナ林でおもいっきりの森林浴をすることができました。Megamisan_033

周りは林のままで、最後と思われる急斜面を登っていくと、いきなりに頂上に到着です。
つまり、頂上の標高は955.8メートルということですが、頂上までブナの林が続いていました。Megamisan_029 

その頂上からは南東の方角に緑の林や山が連なっており、焼石岳と思われる雪の残っている遠くの山も眺めることができました。
もう皆下山した後なのか頂上には誰も居ないなーと思っていると、頂上の裏手のほうから一人の男性が現れ、「頂上を越して10メートルほど行った所は眺めが良いよ」と言うのです。
さっそく行ってみると、そこは秋田県側ですが展望がすこぶる良くて、眼下に連なる森の向こうには、横手から大曲のほうまで広がっていると思われる田園まで見通すことができました。Megamisan_032

さっそく弁当を広げて食べることにしました。
天気も上々でしたので気分は最高と言いたいところでしたが、ひとつだけ気障りな残念なことがありました。
それはブユが多くてうるさいことです。ゆっくり弁当を楽しむという状況ではありませんでした。
女神山の売りは、滝とブナの林にブユも加わるのかと毒づいてもしまいました。
いえいえ、それでも滝のマイナスイオンやら森の精で満ちた女神山は最高に満足できるものでした。
(画像はクリックで大きくなります。一部を除く)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 及川フラグリーンのクレマチス直売所に行ってきました | トップページ | ギャラリー花館(はなやかた=大槌町)を訪ねました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/35126799

この記事へのトラックバック一覧です: 女神山は幾つもの滝とブナの森でした:

« 及川フラグリーンのクレマチス直売所に行ってきました | トップページ | ギャラリー花館(はなやかた=大槌町)を訪ねました »