« 田植えの小昼は赤飯を朴の木の葉で | トップページ | スズランが咲いています »

2010年5月31日 (月)

自然観察会に行ってきました

早池峰山麓では数知れない植物や野鳥が盛んに活動していました。
東和野鳥の会の自然観察会に参加してきました。
二十数名の参加者でした。

東和町から6台の車で向かい、岳集落を越して河原坊で下車しました。
そこは標高1,050メートルですので、駐車場脇ではいきなりエンレイソウやツバメオモト、オサバグサ(画像)、タケシマラン(画像)などが歓迎してくれました。
さすが固有種も多く高山植物の宝庫といわれる早池峰の山麓です。Osabagusa2_2
Yamakusa_033

ここ河原坊から小田越まで距離約2キロを往復しながら、道路側の植物や飛び交う野鳥を観察することが今回の予定でした。
標高差は約200メートルですので、結構な登り道ですが舗装されていて車も通行します。
今日の早池峰山はどんな顔をしているだろうと仰いで見ると、上は幾分ガスがあるようでした。
手前の斜面にはダケカンバが多く見られ、葉が開き始めたばかりで独特な枝振りが目立っていました。
Hayatine3

参加者はずいぶんと多彩な顔ぶれのようでした。
鳴き声だけで野鳥の種類を聞き分けられる人、山草にやたらと詳しい人、季節折々の樹木の表情変化を観察している人、早池峰に何千回と登っている人などなどです。
他にも宮沢賢治との関連で薀蓄を傾けている人も居ましたっけ。
それもぜんぜん場違いではありません、途中には賢治の碑もありました。
今回、観察した野鳥は18種だったとか。
ただ姿を見たのは10種ばかりで、他は声だけだったそうです。(私には鳴き声だけで解るのはウグイスぐらいですが)
植物は数限りなく見られましたが、注目して観察して名前を確認したのは二十数種でした。
Hayatine13_2

樹木が萌える時の山の姿は美しいですが、接近して発見する若芽の美しさも多く見られます。
ハウチワカエデ(画像)、ヒトツバカエデなどは筆頭でしょうか。
Hautiwakaede9

折り返し点の小田越に着いたころ、空は雲が多くなって気温も下がっていました。
山を仰ぐと、そこも雲が漂っていました。
Hayatine2_2

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村(よろしければ、ポチッとお願い申し上げます)

|

« 田植えの小昼は赤飯を朴の木の葉で | トップページ | スズランが咲いています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/34983896

この記事へのトラックバック一覧です: 自然観察会に行ってきました:

« 田植えの小昼は赤飯を朴の木の葉で | トップページ | スズランが咲いています »