« キビ粉の饅頭とヘッチョコ団子をいただきました | トップページ | ダッチオーブンでピザを作る »

2010年3月19日 (金)

ヤマハンノキ、岩手山、早池峰山

今日は上天気でした。
切り倒してある薪材を山から下げようと裏山に入りましたが、天気が良好なのでカメラを提げていきました。

山の峰の方では、ヤマハンノキが茶色の花を咲かして(満開かな?)います。
今の時期の枯野と同系色なのですが、咲いている木の部分は色が濃いので、それなりに目立ってはいます。

1003haruyama_001

望遠レンズで拡大してみました。
垂れ下がって花のように見えるものは雄花(雄花序)なそうです。
あまり詳しくは知りませんが、この雄花は夏の頃から少しずつ成長して、長くなった段階で冬を越して3月頃に開花するという、変わった生態を持っているようです。
雌花は、雄花の付いている付近の小枝に控えめに付いています。1003haruyama_0033
この画像では小さくてよく解りません。
よく気をつけて見ると、画像の中央辺りに前年の果実が見えます。
切り抜いてみると解るかな。(右の画像)

1003haruyama_003_2

目立っている雄花ですが、色違いが見られます。
先に掲載しているものは濃い茶色ですが、褐色というか黄土色のものも見られます。
黄土色のものの方が花序の数が多いような気がします。
この色の違いは品種の違いなのか何なのか、私には解りません。
知っている方がありましたなら、教えていただきたいと思います。
 

1003haruyama_005_2

この後、城跡の方に回ってみました。
今日はかなり遠方まで見通すことができました。
やはり目立っているのは雪を抱いた山々です。
北西方向には岩手山ですし、北東の方向には早池峰山です。
標高から県下ではナンバーワンとナンバーツーの山ですが、ここからは一望です。
岩手山を200ミリの望遠レンズで引いてみました
。(早池峰の方は135~150くらいのズーム)

1003haruyama_012_2

距離は早池峰山の方が近いのですが、地形の関係から見えるのは頂上付近だけです。
この夏には早池峰山に登りましょうと、諸活動で一緒する近所のシルバー連中で話題になっています。
画像で正確には、早池峰山は左側の雪山で、右側は薬師岳です。

1003haruyama_017_2

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村 (よろしかったら、ポチッとお願い申し上げます)

|

« キビ粉の饅頭とヘッチョコ団子をいただきました | トップページ | ダッチオーブンでピザを作る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/33852031

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハンノキ、岩手山、早池峰山:

« キビ粉の饅頭とヘッチョコ団子をいただきました | トップページ | ダッチオーブンでピザを作る »