« 新巻鮭を作る | トップページ | タイ農業研修生と一緒に学習して来ました »

2009年12月 2日 (水)

畑の小屋を改修します

我が家の畑は、母屋から200メートルほど離れた坂の上にあります。
畑の隅には古い小屋があります。

091130hatakekoya02_2 この小屋は、40年程前には豚を飼っていたものですが、近年は、年老いた母が畑で使用する農具や資材、あるいは収穫物を一時的に保管するために使っています。
   長年、補修の手も加えていないので、土台が崩れて傾いたり、雨漏りしたりしてきています。
1月に投稿した薪割りの画像にも、この小屋は背景に写っていました。
何とかしてほしいという状況がありありです。

Makiwari1_3 そんな訳でこの小屋の改修は、私が田舎にUターンして以来の母からの注文でした。
これまでの屋敷内の小屋などの改修も一段落したので、やっと家からは離れた畑の小屋の改修に取り掛かることになりました。

改修のポイントは、土台の補強と屋根の葺き替えです。
屋根は、垂木の何本かは取替えが必要です。
そして瓦葺から軽量なカラー波板トタンにします。

土台には、付近に転がっているもの、かなりの昔に土台に使われていたであろう削られた花崗岩とか、薪用にと切ってある太い栗の丸太などを活用しようと考えています。
使える材料は活かすというのが私の主義ですので。

主義ではなくて趣味かもしれませんが、この工事のために新しい工具を買いました。
それは充電式のインパクト・ドライバーです。
これまでは普通の電動のドライバー・ドリルを使っていたので、作業小屋の改修でも薪小屋の建設でも、ドラムケーブルを引っ張って作業していました。
今度の工事は電気の無いところなので、充電式工具の購入を決断した次第です。

091202impact10 店でこれらの工具が並んでいた棚には「プロ用・・」などと書かれてありました。
そんなことと、ドライバー・ドリルよりパワーアップした(価格もプロ用)インパクト・ドライバーを手にしたことで、なにやら自分の腕前もプロ並みになった思いがしたのは、思い過ごしでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

|

« 新巻鮭を作る | トップページ | タイ農業研修生と一緒に学習して来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/32462020

この記事へのトラックバック一覧です: 畑の小屋を改修します:

« 新巻鮭を作る | トップページ | タイ農業研修生と一緒に学習して来ました »