« 集落の敬老会でした | トップページ | 稔りの秋を迎えています »

2009年9月16日 (水)

ホウキモロコシの脱穀

090916kibikoki01_edited レトロ画像ではありませんよ。
今日の撮影です。
本日は、こんなことをしました。

(画像はクリックで大きくなります)

箒の原料となるホウキモロコシを、刈り取り収穫したのは5日ほど前ですが、今日は実の脱穀をしました。
箒にするには、実は不用だからです。
勿論、実は粉にすれば、餅や団子にして食べることが出来ます。

脱穀に使用した道具は「足踏み脱穀機」というものです。
昭和20年代頃まで、つまり今から60年ほど前まで、イネなどの脱穀に使用されたものです。

今、イネの脱穀は、コンバインと呼ばれる機械で、田んぼの中で収穫と同時に脱穀まで行われます。
近年は、誰もホウキモロコシの脱穀など行うことがなかったのですが、今回、他の方々は二十数年前まで使用していたエンジン付きの脱穀機で行ったようです。

しかし、我が家ではその機械は既に処分しています。
そんな訳で、私は、我が家の農具博物庫に残していた骨董的な足踏み脱穀機を引っ張り出して、使用に供した訳です。

足踏みという名のとおりの操作が必要で、足踏みで扱き胴を回転させながら、モロコシの束をそれに当てて扱きます。
ミシン掛けなら座りながら出来ますが、この場合は片足で立って行うので大変です。
足腰の衰えを感じながらの作業になりましたが、レトロな作業は肉体のエクササイズだと思ったのは、やせ我慢でしょうか。

090916kibikoki02_edited 脱穀機の裏側には、機械の名や会社名などの印がはっきりと残っていました。花巻号脱穀機、花巻鉄工所、岩手県花巻町とあります。
花巻は昭和29年に町から市になっているので、この脱穀機が少なくても55年以上前のものであることは間違いがありません。

(画像はクリックで大きくなります)

1ヶ月ほど後には、この足踏み脱穀機でソバの実を脱穀するつもりです。
ソバの量は今日のモロコシの量より多いはずですので、今から足腰の鍛錬をやっておく必要がありそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

|

« 集落の敬老会でした | トップページ | 稔りの秋を迎えています »

コメント

座敷箒の作り方を検索していて、ここにたどり着きホウキモロコシを栽培している方にビックリしました。何も知らないで去年取れた稲藁で箒を作ろうと思い立ち四苦八苦しています。ホウキモロコシもはじめて知りました。3年前、田舎暮らしに岡山に引っ越してきました。また、お邪魔します。よろしくお願いします。

投稿: 中嶌祥乃 | 2011年1月11日 (火) 18時43分

お立ち寄りありがとうございます。私の座敷箒は趣味的に作っていますが、近くには産直に出して販売している方もあります。
また、県の北の方では一家で生業にされている方もいて、ホウキモロコシで各種の箒とか刷毛とかを製造し販売されていますが、どれも高級品でデパート中心の扱いになっているようです。
私の箒作りは、ホームページ「田舎で自然生活(まほろば毒沢)」でも紹介しています。手抜きしてコメント無しの画像だけの状態ですが。

投稿: jangotaro | 2011年1月11日 (火) 21時19分

こんばんわ・・・
遠野市に住む婆です。ホウキモロコシの種を探していたらこのページをめっけました。
毎年撒いでいだったども昨年は撒かねでしまったのす・・一昨年の種でも芽が出るか心配です・・・もしよろしかったら種を分けていただけないでしょうか?
いきなりですみません・・・

投稿: sisi婆 | 2011年3月28日 (月) 20時07分

お立ち寄りありがとうございます。ホウキモロコシは一昨年の種子でも大丈夫発芽します(経験上)。なので、私も昨年の種子は確保しておりません。保存環境にもよるでしょうが、3年ぐらいは(もっとかな?)大丈夫ではないかと思っています。
それはそれとして、種子の交換については、私の方こそお願いしたいところです。貴方のほうが良質な形質のホウキモロコシをお持ちかもしれませんので。
私の提案に乗っていただけますならば、メールをいただければ幸いです。メールについては、お手数をおかけしますが、「田舎で自然生活(毒沢暮らし)」のホームページを検索いただいて、そちらのトップページのメールの窓口からお願いします。いかがでしょうか。

投稿: jangotaro | 2011年3月28日 (月) 22時54分

はじめまして、ホウキモロコシを検索していてたどり着きました。
種の入手方法がなく途方にくれていましたが栽培されていらっしゃる方のブログに出会えて目の前が開けてきた気がしました。
種の入手方法を教えていただけませんか?

投稿: ごじまま | 2014年10月 8日 (水) 13時37分

ごじままさん、今日は2015年2月27日ですが、このコメントを最近確認しました。失礼しました。
まだ私の方から対応していない方でしょうか?
ごじままさんが福島県の方なら、既に対応済みの方と思いますが、違う方でしょうか?
ホウキモロコシの種はありますが、2年ほど前に採取したものですので、発芽能力はまだ大丈夫かと思いますが、お分けするにはその能力確認が必要です。
それでよければお分けしますし、発芽力試験をしてみます。
具体的な連絡は、山里で自然生活(まほろば毒沢)のタイトルのホームぺージを検索いただき、そのページのメールアドレスから、改めてお願いします。

投稿: jangotaro | 2015年2月26日 (木) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/31402996

この記事へのトラックバック一覧です: ホウキモロコシの脱穀:

« 集落の敬老会でした | トップページ | 稔りの秋を迎えています »