« 時勢と案山子 | トップページ | 小学校児童の稲刈り体験 »

2009年9月27日 (日)

薪小屋を作っています

必要なもので出来そうなものは、何でも自分で作ることをモットーにしている。
今の課題は、今冬に十分間に合うように薪小屋を作ることである。
これまで使っていた小屋は、全く簡便なもので、しかも古くて崩れそうになっていたためである。

北国では9月になると涼しさが感じられてきて、何か冬に向けた準備を迫られるような気分になってくる。
そんな訳で新しい小屋の設計のようなものを書いて、材料の準備から取り掛かった。

建物の柱などの部材は全てが古材である。
十年余り前に亡くなった親父が、何十年も前に集めていた古材である。
親父がそれを何に利用しようと思っていたのか知らないが、多種の中古の建築材料などを残していた。
息子の自分は、田舎の暮らしに戻ってきて、そのような継承遺産を使おうとしている訳である。

090923buzai07 まず、一番肝心な建物の骨組みの準備である。
適当な古材を柱とか桁、梁に選んで、それを切り揃えたり、継ぐためのホゾやミゾを刻んだ。
一間半四方の小さな建物の部材であるが、慣れないことなので幾日も要したが、やっと揃えることが出来た。

090926makikoya02 次は基礎造りである。
建物が小さくて床は不要なので、基礎は羽子板付き沓石というものである。
位置を計測し穴を掘って、そこに砕石を敷いて沓石を並べてレベルを揃えた。
文字で記すとこれだけですが、実践は結構微妙で気を使うものでした。

いずれにしても、ここまで出来ました。
これからは組み立てです。
一人作業で機械力もないので、重い梁などをどう持ち上げて組もうかと思案中です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

|

« 時勢と案山子 | トップページ | 小学校児童の稲刈り体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/31544340

この記事へのトラックバック一覧です: 薪小屋を作っています:

« 時勢と案山子 | トップページ | 小学校児童の稲刈り体験 »