« ホウキモロコシの脱穀 | トップページ | カボチャも実りの秋を迎えました »

2009年9月24日 (木)

稔りの秋を迎えています

ぐずついた天気が2日間ほど続いた後、今日は気持ちの良い秋晴れでしたので、田畑を回ってみました。
作物は確実に稔りの秋を迎えていました。

今年の作物生育期間の天気は、イネなどにとってはマアマアで悪くはなかったといえるでしょう。
梅雨明けがはっきりしなかったり、8月下旬からは秋の涼しさが早めに来るなどのことはありましたが、これまで当地では台風に襲われるとか大雨を被ることも無くて済みました。
メリハリの乏しい今年の天候ではありましたが、積算気温や日射量などは概ね十分だったものと思われます。

090924ine20 実際に、イネは画像のように穂をかなり垂れ下げてきています。
まだ、ちょっとイネの粒の大きさが、十分かどうかは計りかねますが。
無理をしない方針の私の田んぼでも、反当9俵はいくものと期待しています。

ソバも、開花は終わりかけて、稔りを迎えつつあります。
090923soba02 ソバはイネなどとは違って、発芽から稔りまでの生育期間が短い割りには、実の稔りはダラダラ長引きます。
穂を構成する一つ一つの実を見ると、しっかり膨らんで黒みがかっているものやら、まだ花の付いているものまであります。
090923soba04 ソバはこのような性格があるので、ビギナーの栽培者には収穫適期の判断が難しいところがあります。

いずれにしても当地では、1週間から10日くらい後にイネを収穫し、更にその1週間くらい後にソバの収穫になるでしょう。(ソバの収穫は、私だけのことですが)

ここで問題は、手作業で行うことを予定しているソバの収穫です。
ソバ刈り体験の募集をしなくては。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

|

« ホウキモロコシの脱穀 | トップページ | カボチャも実りの秋を迎えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/31505645

この記事へのトラックバック一覧です: 稔りの秋を迎えています:

« ホウキモロコシの脱穀 | トップページ | カボチャも実りの秋を迎えました »