« ジュディ・オング倩玉さんの木版画展を見てきました | トップページ | 小学校の廃校が決まっているので »

2009年8月29日 (土)

木版画といえば

「かしわばやしの夜」と名づけられた木版画が届けられました。
3枚が一組になったもので、一つの額に入っています。
額も同じ作者によるもので、絵と額はセットのようになっています。

作者は、宮沢賢治の童話の世界を彫っている、佐藤国男という方です。
絵本もいろいろ手がけているようです。

かつては大工を職業にしていたこともあるということで、木にはこだわりがあるそうですが、額作りはお手のものなんでしょう。

Yamaneko  絵は、いかにも童話の世界という感じのする楽しいものです。
童話の世界は非現実なのでしょうが、大きな作品に見える風景などは岩手の農村というより、作者の住む函館のようなちょっと洋風な洒落た感じが、私にはします。

額がまた素晴らしいです。
賢治童話に登場する山猫やふくろう、木、どんぐり、草花などが散りばめられて彫られています。

私は、木版画の絵と彫刻が施された額との組合せに魅せられました。
そして、自分もやりたいこと、やれることはこのような作品作りだと、勝手ながら思ったのです。
木版画は続かないのですが子供の頃から作っていて、何年も間をおいて手がけることが何度かありました。
木工も趣味なので、額も形は作れるでしょうが、問題は芸術センスでしょう。
ですが、楽しみながらできれば良いことなので、問題はありません。

そんな訳で、今日届けられた木版画の絵と額の作品は、展示会で見て気に入ったのと、これからの自分の制作活動の見本にしようと思って購入したのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

|

« ジュディ・オング倩玉さんの木版画展を見てきました | トップページ | 小学校の廃校が決まっているので »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/31154768

この記事へのトラックバック一覧です: 木版画といえば:

» どんぐりと山猫―木版画 [ロドリゲスインテリーン]
どんぐりと山猫―木版画 [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 17時43分

« ジュディ・オング倩玉さんの木版画展を見てきました | トップページ | 小学校の廃校が決まっているので »