« アサガオが咲いています | トップページ | 朝日森神社例祭 »

2009年8月 1日 (土)

滝観洞で涼む

東京から帰省している息子夫婦と、鍾乳洞見物をしてきました。
どういう心境の変化なのか、30歳を越している息子は極最近、自動車運転免許を取ったばかりです。
その彼の運転練習を兼ねての行楽でした。

ぐずつきの連続だった天気も、今日は久々に行楽日和となりました。
初心者マークの運転も難なく、自宅から約1時間ほどで到着でした。

花巻市から釜石市までの国道283号線は、長年に渡り遠野市から釜石市の間が難所でした。
現在、この国道に大よそ沿った経路で自動車道路の整備が進んでいますが、難所だった遠野~釜石間が先行して整備され、一般道として供用されています。
目的地の滝観洞(ろうかんどう)は住田町になりますが、この整備された道路沿いにありました。
そんな訳で、目的地までは解りやすく、また走りやすい道路でした。

Rokando1 滝観洞には大分前にも来ていますが、見学者は皆、ヘルメットと長靴、雨合羽の3点の装備を身に付けます。
洞内に入ると、やはり水滴が多く、行路は流れに沿ったり超えたりしています。天井が低かったり、高いところでは幅が狭かったりで、時々ヘルメットがゴンとぶつかります。
3点の装備なしでは入れるものではありません。

Rokando2 また圧迫感とか閉塞感も強烈でした。
途中の温度計を見ると8度くらいを示していて、納涼としては十分というか、その低温も緊張感を煽っている感じでした。

入口から700メートル先には、滝観洞の名前の由来にもなっているらしい大滝があります。
最近、雨続きだったせいでしょう、大滝の水量はかなり多く、飛沫も激しくて迫力がありました。
限られた空間での暴れているような滝の眺めは、恐怖感さえ受けて、長居は出来ませんでした。

Rokando3 カメラは、やっと一こまだけシャッターを押しましたが、写りは最悪でした。
そんな訳で、代わりにというか、滝の写真は100メートルほど戻ったところの小滝(女滝)です。
こちらはサイズと迫力とも百分の一位というか、趣も別でしたので代わりにはならないですね。

帰り道では、遠野市で名物のジンギスカンを堪能しました。
気分的にも栄養的にも充実した一日でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 花巻情報へ
にほんブログ村

|

« アサガオが咲いています | トップページ | 朝日森神社例祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/30807417

この記事へのトラックバック一覧です: 滝観洞で涼む:

« アサガオが咲いています | トップページ | 朝日森神社例祭 »