« 食材加工の工房などを訪ねる | トップページ | 木版画といえば »

2009年8月28日 (金)

ジュディ・オング倩玉さんの木版画展を見てきました

勿論素晴らしい作品揃いでしたが、予想外に大作が多くて驚きました。
作者は比較的に小柄だと思いますが、大変なエネルギーのある方だと感心もしました。

2,3の用事があって、盛岡まで出かけたついでの観賞だったのですが、甲斐がありました。

彼女の作品のテーマは、一貫して日本家屋と花なそうです。
Seigyoku_2 伝統的な日本家屋は確かに美しさがありますが、作品は大胆な構図と力強い線で表現されていました。
力強い線はもちろん黒墨で表されるのですが、空間の色彩には独特な灰色と朱が効果的に用いられていました。

Seigyoku045 これまで彼女は日展入選11回を重ね、2005年には特選を受賞されているそうです。
Seigyoku6 確かにそれだけの作品揃いでした。
当然ですが撮影は禁止でした。
会場玄関脇のパネルと案内チラシの写真で、作品の素晴らしさを察してください。

(画像はクリックでもっと大きくなります)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

|

« 食材加工の工房などを訪ねる | トップページ | 木版画といえば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/31151781

この記事へのトラックバック一覧です: ジュディ・オング倩玉さんの木版画展を見てきました:

« 食材加工の工房などを訪ねる | トップページ | 木版画といえば »