« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

アサガオが咲いています

09asagao 梅雨はまだ明けそうにないですが、やはり夏ですのでアサガオはきちんと咲きます。

少しでも陽が射せば、それは輝いてくれます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

ニホンアマガエル

やっぱりエルニーニョ現象なんだ!

梅雨明けの遅れている理由を、テレビで解説していました。
そういえば、気象予報士の森田正光さんが、大分前の朝のラジオ番組で話していたことも思い出しました。

3ヶ月予報では、8月の天気も不順ということで、稲の出穂、開花への影響が心配です。

今日の天気は、曇り時々晴れ、一時雨でした。
夜明けの頃に雨があったものの、朝から陽が射して、今日は幾分過ごしやすいかなと思っていたのも束の間、昼過ぎににわか雨が降ってからは最悪の不快指数です。

Amagaeru_2  画像は、朝、目にした一こまです。
二匹のニホンアマガエルが、クレマチスの花びらの上で朝日を浴びていました。
夫婦でしょうか。
雨が上がって間もなくですが、アマガエルの甲羅干しなんてことがあるのでしょうか。
いずれにせよ、アマガエルにとっては、このごろの天候は気分いいのでしょう。

クレマチスは、ラヌギノーサ系のH.F.ヤングです。

09elnino_2 エルニーニョといえば、その名のホスタがあります。
青味がかった葉に、白に近いクリーム色の斑が入り、梅雨模様にも清々しいので救いです。
(画像は、どれもクリックで拡大します)

んぐっ、葉に大きな食害を発見。
採食中の大きなアオムシも発見。
頭にきて、思わず捕獲して踏み潰してしまいました。南無三・・。
虫たちには、高温多湿は絶好のコンデェションなのでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

梅雨去らず

毎日蒸し暑くて耐えられない。

日が射したり雨が降ったりの繰り返しで、不快指数は最高である。
農作業も、大工作業も、続けられない。
雨が止んだ合間に、庭周りで自然観察することにした。

Ajisai6 こんな時にも清々しくしているのは、やはりアジサイである。
大概のアジサイの花は、既にあせてしまっているが、これだけは晩生の品種のせいか今が盛りである。
ガクアジサイの改良種だろうが、名前を覚えていない。
この画像だけで解る人がいたら、教えていただきたいものだ。

我が家の辺りは自然豊かなので、セミもアゲハもオニヤンマも多い。
イヤー待てよ、今年は天候が変なせいか、まだ余り見かけないかな。
などと思案しながら見回したら、ホスタの花にセミの抜け殻を見つけました。

09fgtomato2_2 ホスタはフライドグリーントマトという品種で、芳香花の系統である。
セミはアブラゼミに違いない。
やはりセミさんも、羽化の場所には良い香りのするところがお好みのようだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

チリメンキャベツやら、タカキビやら

ここのところ用事の合間を見ては第2の畑に通い、キャベツの青虫を捕まえている。

農家が所有する田や畑などの農地は、その農家の周りに全てが広がっていると、普通の都会の人は思っているようだ。
そのような理想的な姿は少なくて、所有農地は方々に散在している方が普通である。
特に我が家は新興農家なので、散在している典型例かもしれない。

そんな訳で、離れたほうの第2の畑は、私の担当である。
西側部分には栗の木を植えている。
東側部分には、梅、プルーン、銀杏などの木も混植しているが、他に今年はニンジン、キャベツ、サトイモ、そしてタカキビを植えた。

少し風変わりなものを作りたくて、キャベツはチリメン・キャベツにした。
チリメン・キャベツは煮たり炒めたりしする、ロールキャベツに使われるキャベツである。
タカキビは、箒を作る材料を採るためのものである。冬季に箒作り講習会を計画しているためである。

箒は畳の部屋など母屋で使うばかりでなく、作業小屋とか舗装されている庭とかでも使える。
形を変えれば、種々の作業台や机、パソコンのキーボードなどの掃除にも使えるし、洋服刷毛としても使える。

ところでキャベツであるが、農薬を使わずに済ませたいと思っているので、青虫潰しに通わなければならないのである。
Chirimen6 それでも、画像から見られるように、葉に虫食い被害が結構多い。名前のように葉が縮緬状なので、ちりちり模様と食害とが区別付かないかな。
なお、キャベツと混植しているのはマリーゴールドで、土壌病予防のためのお呪い用である。
また、右隣に植えてあるのはニンジンである。

Takakibi 二つめの画像は、タカキビとサトイモである。
最近思いついたことであるが、タカキビはキャベツの周囲に植えれば良かったかもしれない。
そうしたら、タカキビは、モンシロチョウのキャベツへの飛来を多少でもブロックしてくれたかもしれない。
アブラムシの飛来をブロックするために、やはり背の高いライ麦を使うことは知っていたが。
来年の課題である。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

ついに天然木製こね鉢をゲット

朝刊を見て、木工の里として有名な洋野町大野で製品の展示販売会が開催されていることを知りました。
そして、今日は最終日なんだとか。

これは行くしかない。私はいつにもなく即断しました。

天気はあいにくの雨です。それも激しくなりそうでしたが。
そして、我が家から会場はかなり遠いのです。
片道160キロくらいでしょうか。
しかも午後3時からは、出席を約束した会合がありました。
それでも高速道を使えば楽勝だろう。
おまけに今日は日曜日なので、高速料金は片道1,000円です。

朝食を済ませて、出発は8時半でした。
行く手は苦難の道でした。
高速道の前半の半分余りの行程は大雨と強風です。
路面の水は、大型車の回転する車輪により飛沫になって、視界は最悪でした。
それでも、会場地が近くなるほどに雨も止み、気持ちは悪路運転への注意から展示品への期待へと変わっていきました。

Takumiyakata 会場の匠の館は、牧歌的な風景の中にありました。
その民家風の建物の匠の館(実際は民家を兼ねたものかな?)と、庭を囲むように立つ作業棟などに展示物はありました。

シンプルながらも堅牢で機能的な家具や器が多かったように思います。ロッキングチェアーなどは、なかなか魅力的ではありました。
それでも、家具などは時間を掛けないで見て回りました。
狙いのものが別にあったからです。果たして展示してあるのか不安でしたが。

Konebachi_2  ありました、狙いのものが。
それが二つ目の写真です。
やはり、それは会場では異色でした。
塗りが施されていない生地仕上げの物だからです。

モノは、ソバ打ち用のこね鉢です。
栓の木の無垢材で、大きさは外径45センチで、尺五というのでしょうか。
やはり結構な値が付いていたのですが、作者に交渉して、往復の高速料金とガソリン代相当の金額を値引きしていただきました。
思わず、「遠路、来た甲斐があった」と発してしまいました。

帰りの路も大荒れの中でした。
目的を達したので、一層の慎重運転で帰ってきました。
最後に残っていた本格道具のこね鉢を備えて、私は本格的なソバ打ちの人になった気がしてきます。

ソバ打ちについては、 ソバ打ちの講習会をしました
              年越し蕎麦
        ホームページの 田舎で自然生活 も参照ください。

(写真は、クリックで大きくなります)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

毒沢城跡での草刈活動

「夏草や兵どもが夢の跡」は、松尾芭蕉が平泉で詠んだという有名な句ですが、夏草はどこでも良く伸びます。
毒沢城跡の夏草も大いに茂っていました。

今日は、その城跡保存会の草刈活動でした。
保存会には、城跡を囲む東西二つの集落の百戸余りが会員になっていますが、本日の活動への参加は60名余りでした。

城があったのは、大分と古い16世紀までのことですので、素朴な山城だったでしょうし、今日残っているのは山の頂の3段の郭だけです。
それでも当地の自慢の歴史遺産なので、保存活動に努めています。

Siroatokusakari5 草刈は、東西2ルートについて駐車場から始まるので、会員は駐車場に集合です。
各班に配分されたルート上の部分を刈りながら、最後は皆で山の上に位置する城跡の郭の部分です。

Siroatokusakari 郭はそれなりに広く、近年は周りの立ち木を伐採整備しているので、雑草の生育環境は良好です。
おかげでこのごろの草刈作業は大変になり、今日も皆汗だくでした。

Siroatokusakari2 草刈終了後は、元気回復の飲み物をいただき、今度は保存会の21年度総会です。
城跡の頂の郭に、僅かに残した杉の木陰に座って、青空会議でした。
そういえば、城跡の草刈活動の日は、梅雨の最中にもかかわらず天気は崩れることがなく、毎年青空会議が開けています。
歴史遺産の保存活動に熱心な当地の人々は皆良民で、天気の神様も配慮されてくれていることでしょう。

応援のクリックよろしく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »