« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月17日 (金)

春一番の山野草

午後から春一番の山野草を求めて裏山を徘徊しました。

午前には、カミさんの友人たちが八幡平市や奥州市から訪ねてくれたので、蕎麦を打ってサービスしました。
今日の蕎麦は、風味が乏しかった気がします。すみません。

客人たちは、食べ物にも植物にも様々なことに知見の豊富な方々で、話の仲間入りをさせていただいて楽しかったです。
私の植物好きが伝えられていたようで、お土産にタマザキサクラソウと名前不明の宿根草をいただきました。ありがとうございます。
不明な名前は、育てながら解明します。

Shunran3裏山の山野草は、今週初めから気になっていました。
予想通りシュンラン、カタクリ、ショウジョウバカマが咲き揃って、私を迎えてくれました。

Katakuri1 どれも素朴な花色です。
Shoujou8 カタクリやショウジョウバカマの薄いピンクの花色は、奥山や高地の濃い花色のものを見慣れた方には物足りないかもしれません。
(画像は、クリックで大きくなります)

ホームページ「田舎で自然生活」には、自分が栽培しているものや家廻りに生育している山野草の画像等を掲載しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

用水路の清掃活動

用水路の清掃は、米作りの春一番の作業です。

用水路は土地改良区の所有物ですが、その清掃や利活用は地域で維持管理組合を作って請け負っています。

毎年、4月第一日曜日は、ダムから直接水を引いている用水路の維持管理組合の清掃活動の日です。
河川から用水を引いている方の維持管理組合は別にあって、後日そちらの方の清掃活動にも参加しなければなりません。

Sekiage1 ダムからの用水路は、トンネルを潜って隣の集落に入り、しばらく山際を通過して我が地域に入ってきます。
途中にゴミ止めの柵や砂溜りがあって、清掃の重点箇所になりますが、基本的に用水路の全路線を清掃します。
Sekiage2 山際を通過しているため、ゴミはほとんど落葉です。水路両側のブッシュの刈り取りも大事です。

一番大変な作業は、砂溜りから砂を掻き揚げる作業ですが、なぜか私は毎年その作業から逃れられません。
ところが、私は来年からは指揮する役回りが予定されているので、この難行からは卒業かもしれません。とは言っても、指揮役には別の気苦労もありますが。

今日は陽気も良かったので、外の作業も快適で捗り、その後の慰労会も和やかでした。
上空を通過したかもしれないミサイルにも、気づかないで過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »