« 猛暑にも元気な草花 | トップページ | ハロウィン・かぼちゃ »

2007年8月22日 (水)

雷雨のち晴れ

今日の天候は、前線が北西から東に向け日本列島を横断したようで、朝から雨だった。昼ごろからは雷雨で雨脚も激しくなり、雷雨と大雨洪水の注意報が出た。当地は幸い被害が出るような大事にはならなかったが、他の地方では大分激しかったようである。

夕方近くには雨も止み、陽が差してきた。家の前には我が家の水田があるが、雨の後の稲は気のせいか輝いて見えたので、写真を一枚撮った。この時期、稲は出穂開花も過ぎて穂が傾いてきている。この夏は気候も順調に経過したので、秋の収量に栽培管理の良し悪しの差は小さいだろうと思い、自分は胸をなでおろしている。この後は、水田周りの雑草を刈り取って、稲刈りの時期を迎えるだけである。

ここの水田の手前には、草花のフヨウを植えてある。古くからの地味な品種のものであるが、遊び心の景観だと自己満足している。今日は花弁が雨に濡れたままなので、花はしぼんで葉ばかりが目立っているが。Inefuyou(写真はクリックで拡大版が見られる)

フヨウは結構大きく茂るので、「草刈に邪魔じゃないか」と心配してくれる人もある。確かに草刈のときは邪魔だが、たいしたことはない。

草刈といえば、米作りの仕事で何が一番大変かといえば、それは草刈ではないかと自分は思っている。苗育苗も、田起こしも、田植えも、防除も、稲刈りも、今や機械化、システム化されているが(その分コストも嵩むが)、草刈は一応機械は使うものの人力依存が大きいのだ。

水田周りの草刈をきちんとしておかないと、米の籾に被害を及ぼすカメムシの発生を促すことにもなるなど、結構草刈は大事なことなのだ。しかし、時には花でも眺めながらでなければ、自分には長くは勤まらない気がする。

|

« 猛暑にも元気な草花 | トップページ | ハロウィン・かぼちゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/447416/7637573

この記事へのトラックバック一覧です: 雷雨のち晴れ:

« 猛暑にも元気な草花 | トップページ | ハロウィン・かぼちゃ »